私のお雛様



SMサイズの小品です。

絵の構図が単純だったので
丸窓を描き入れました。

お雛様の住まい?
ハイ!以前描いた田母沢亭の丸窓を描きました(๑˃̵ᴗ˂̵)


この雛人形は 娘と京都に旅行した際
娘が買い求めたお雛様です。

しかし先の震災で 娘の自宅のフローリングに
頭が取れた状態で転がっていたそうです。

娘は ショックの余りに ずっとしまい込み
見かねた私が 笠間で買ったお雛様と交換したのでした。

「見に来てね」と娘に言われて行ってみると。

センスの良い新品らしいチェストの上に
笠間焼の雛人形が飾ってありました 🎎

ガラスに挿した 白とピンクのカサブランカと
渋い雛人形とのコラボが とてもモダンで。

ヤッパリ !この雛人形の居場所は娘の家だった!

安心した様な 寂しい様な…。


絵のモチーフのお雛様は
首を接着剤でくっ付けただけだったので
先日の地震で 又 転げ落ちていて。


ひな祭りが終わったら
ヤッパリ お寺で弔って貰おうと思います。

ひな祭りの我が家のちらし寿司は こんな感じ〜〜♬

以下材料


筍 人参 ゴボウ レンコン 椎茸 海老 油揚げ
鳴門 卵焼き 絹さや 紅生姜
(分量は人数に応じて適当です。)

A ) 筍 人参 ゴボウ レンコン(半量のみ) 海老( 半量のみ)
椎茸 油揚げ一枚

A を細く切って 甘辛く煮ます。


全体が真っ茶色にならないよう取り分けた
飾り用のレンコンと海老ですが

別の鍋でダシと薄口醤油で 綺麗な色が出る様に
アッサリと煮ます。


すし飯に A)を混ぜ 飾り用の
レンコン 海老 鳴門 卵焼き 茹でて細く切った絹さや 紅生姜
を上に彩り良く載せたら完成 ♬

色んな食材が 口の中で美味しいハーモニーを奏で
毎年家族からも好評です。

材料を煮る時 初めにお砂糖を入れて1・2分煮ますが
これがポイント!
お砂糖は小さじ一杯位で充分ですよ。

その後に他の調味料を入れると 美味しく出来ます。
薄味にして 調味料を煮詰める感じだと失敗しないかもです。


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


アイパットで女の子をお絵かきしました〜♪
20170301oekaki.jpg

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

宝篋山へ山登り 茨城県つくば市



マスキングを使わずに自由に描いて見ました。

何時もは 筆跡を消してボカしてしまいますが
今回は逆に筆跡を残す感じで仕上げています。


筆跡を残すなら
筆が紙の上で 勢い良く踊るようにしたかった!

それは 今後の私の絵の課題ですね。





〜♪〜〜

「宝篋山なら 大丈夫!登れるわよ 」

何時もは「NO」と言う「山ガール」の友人が
勧めてくれた里山です。

里山とは言え 茨城県では 筑波山に次ぐ二番目の高さで
461メートルも有ります (・_・;

ボランティアの方々のお陰で
登山道はとても良い感じに整備され
登りやすい山でした。

沢の小さな滝に 其々ユニークな名前が付けてあるので
癒されました。

この日は風も無く温かな登山日和。


初めは 爽やかな気分で上って行ったけれど
次第に着膨れと 冬太りの肉体が重荷となり
大変でした〜〜笑)

同行の息子のリュックには
私のペットボトルや
脱いだジャンバー 帽子 マフラー カメラ 絵の道具 etc
全て放り込ませて貰いました 〜 笑)


其処此処に咲いたヤブツバキが
疲れた目に優しく映ります。

この日は冠雪の富士山が
青空に映え素晴らしく綺麗でした。

宝篋山の頂上付近には
先日降った雪が少し残っていたけれど
温かな陽だまりで
登山者がお弁当を広げていました。

後日 息子が脚に豆が出来たとボヤいていましたが
荷物を持って貰ったので 申し訳ない気持ちでした。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

パリからの贈り物



「選りすぐりの絵をカレンダーにして
お世話になった方に送ったら?」
昨年 娘からのアドバイスが有ったのですが…。

しかし年末 愛犬バロンの件などで それどころでは無くて 。

でも考えて見たら そうかも知れません。

そうです!今年は カレンダーを作るつもりです!
先ずはその一枚目を描いてみました。

パリ土産のリモージュ焼きの珈琲カップ&ソーサーと
クリスマスローズを添えて。

カレンダーのモチーフは 自分が本当に描きたいもの
可愛い感じの絵を描きたいと思っています。

何だか少し楽しい予感〜〜♬


〜♪〜〜♬〜〜♪〜


絵のサークルの友人が
公民館祭りにお習字を出品しているので見に行きました。

昔 一度だけ見に行ったっきり…其れ以来のご無沙汰なのです。

偶然にも 会場には当人が居合わせていて
彼女の説明付きなので とても有意義なひと時でした。

お習字も 永年描いていると
アートの世界に足を踏み入れる感があります。

友人の説明では 何回も何回も練習して行く中で
フッと身体中から力が抜け出た時に
自然体の字が生まれ出るものだと言っていました。

字のかすれ具合 リズム感 伸びやかさ 空間の取り方が見事で
彼女らしく とても素敵な書の道を歩んで来た事が分かります。

「私が亡くなったら 一点貰ってね!」

そんな彼女らしい言葉に 一瞬胸が詰まったけど
終活の準備も同時進行しているみたい。

「生きているうちに 頂戴よね。」
私も 笑いながら言ってやりました。

私は 絵を描いて8年目の駆け出しで
もがいて模索する日々です。

未だこれと言った作品も生まれて無いけど

「此れまでやって来た証のような作品が
一点描けたら良いなぁ〜」と思いながら家路に着きました。


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

二月の銀座



娘が バレンタイン・デーのチョコレートの代わりに
夫へランチをご馳走してくれる事になり
私も お供を致しました〜♪

午前中で 夫も娘も仕事を早めに切り上げてくれたので
三人でホームで合流した後 銀座へと向かいました。

当日娘が予約してくれたのは銀座の
「Airと」言うレストラン。


さり気ないけれど 落ち着いた上品な雰囲気の中
お料理を堪能しました。


*ファグラのソフトクリーム
今迄食べた事が無い新鮮な驚きでした。


*野菜のパフェ
数種類の野菜の入ったミラクルなパフェ。


*魚料理
その日入荷の鮮魚 それに合う調理法で。


*肉料理
シェフが厳選したお肉料理 旬と共に。


お魚料理もお肉料理も
数種類の食材が 口の中でハーモニーを奏でます ♬


キリリとした男性のスタッフが
流暢にお料理の説明をしてくれて。

しかし 食材名が多くて 覚え切れず忘却の彼方へ…。



*デザートは雪をイメージ

マイナス80度の液体窒素で雪を降らせた
お菓子だったような気がするけれど…(-。-;

軽めなのに 結構お腹が一杯になって
とても幸福な気持ちになりました。

やはりお料理は 知的なアートですよね ♪

マンネリ化している 日頃の私のお料理にカツ!! 笑)

ランチの後は 娘の夫君へ
バレンタインチョコを買うためデパートへ。

色とりどりの チョコの多さには 目を見張ります!

娘のお舅さんから 渡仏の度に頂戴する
フランス土産のチョコレートが高価なので

とても申し訳ない気持ちで一杯になりながら
帰路に着きました。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

iPadで 初めてお絵かきしてみましたが
殆ど落書きですね (-。-;

ipaddee.jpg

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

クリスマスローズ



冬枯れの殺風景な我が家の庭に
白いクリスマスローズがボチボチ咲き始めました。

凍てつくような風の中で
白い小鳥が震えているようです。

お花の名前は 貴婦人を思い浮かべます。

やっと咲いたぜ!絵のモチーフはこれでバッチリ!


しかし 地面から 僅か10センチメートルの高さに咲いていて…。

これじゃ !這いつくばって描くしか無いのかな?

深く俯いて咲いている花弁を
手で持ち上げて描いてみたけど…かなり〜シンドイ。

仕方が無いので 鉢植えのクリスマスローズを
ホームセンター迄買いに行きました。

ウーン …お値段が高過ぎるけど…。
散々迷った挙句 ようやく決まり!

もう!この子は来年に備え 地植えにせず
鉢植えにして 大切に育てよっと!




後日 「黒い布キレ無い?」と夫が聞いて来た。

「黒い布キレ? えーと無いわねぇ…。」

如何するのかと思ったら
自分の喪服を背景に設え
クリスマスローズの写真を撮っていて〜笑)

しかも下方から ライトを当てる念の入れよう。

夫は 妖艶なクリスマスローズの写真が撮れて
とてもご満悦でした ( ̄∀ ̄)

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード