一月の静物画



お花の束を1束買って描こうとしたら
スカスカでなんだか寂しげです (・・;)

せっかくだからと 又 1束を買い足して描きました…。

少しお花の数を描き混み過ぎたかな?
ƪ(˘⌣˘)ʃ 途中で投げ出したい気持ちをなだめつつ…(・・;)

ヒヤヒヤしながら描いたので
楽しいお絵かきとは程遠い感じでした。

〜〜♪〜〜

絵手紙サークルの友人に
美味しいお蕎麦屋さんを見つけたので
食べに行こう〜♪と誘われました。

私は 二つ返事で行く気満々。

しかしながら 友人は 其の蕎麦屋へ行くには
私の運転では無理だと
遠回しに言っている気がしたのです (・・;)

彼女は運転が出来ないし…。

どれだけ大変なのか?
後日 夫とその蕎麦屋の下見に行ってみました (・・;)

ヤッパリ!彼女の言う通り…😞

鬼怒川の川底に向かい かなり狭い急坂を
降りて行くのですが

なんだか狸の穴に向かって突き進む感じ? 笑)

対向車が来たらどうする…?(・・;)

直ぐに引き返してしまいたい衝動に駆られ
しかし 諦め切れず向こう岸から その蕎麦屋らしき建物に
目星を付けました。

鬼怒川のほとりに佇む洒落た店構え〜♪


真っ赤なアーチ型の橋 護岸工事されていない自然な岸辺
絵画的な優しい鬼怒川の風景。

ヤッパリ!彼処のお蕎麦を食べに行きたいな!

すったもんだの挙句 (^^;;
お蕎麦屋から5キロ程離れた公園に車を置き
歩いて食べに行く事になりました (・・;)

徒歩で往復10キロの行程に
参加者は半分の四人に絞られ (・・;)

後の四人は話を聞いて棄権してしまいました 笑)

来週行く予定ですが
後日その報告をさせて下さいね 〜♪

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

晩秋の昇仙峡ライン 山梨県甲府市



昨年の後半は山の絵に夢中になる余り
秋景色を描く余裕が無くて (・・;)

秋景色を描こう!と頑張ったのですが
不完全燃焼で年を越してしまった気がします (・・;)

今頃になっての秋景色で申し訳ないのですが
絵を見て頂けたら嬉しいです。


〜♪〜


昨年の 11月17日 渓谷の紅葉を観に
昇仙峡へとドライブしました。

昇仙峡は富士川水系の荒川上流に有り
今回は3度目の訪問です。

これまでロープウェイを利用していたのですが
最近は脚力に自信が着いたので
仙娥滝迄の4キロの渓谷沿いを歩いて上りました。


冷気の中にそそり立つ花崗岩の奇岩群は圧巻で
急流の中に点在するゴロンゴロンとした巨岩の数々!

谷川が永い年月をかけ岩を穿ち出来た自然の造形美〜♪

嬉しい事に 紅葉は未だ残っていたので楽しめました。

やがて昇仙峡の再奥部に
見惚れるばかりの「仙娥滝」が出現。

滝の名前は 中国の神話に登場する
月に行った女性に因んで名付けられたとの事。

飛沫が舞い上がると 虹が出来てとても綺麗な滝です。

大勢のカメラマンが
夢中になってシャッターを押していました。


帰り道 「夢の松島」辺りで家族が煎れてくれた一杯の珈琲。

自然の中で頂く珈琲は
とびっきりの美味しさで感謝しながら 頂きました。

20180111IMG_1651.jpg

20180111IMG_1660.jpg

20180111IMG_1662.jpg

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

春の足音



お正月も三が日が過ぎたので 何故かホットしています (・・;)
今年の絵も ノンビリとアップしますので
どうぞ宜しくお願いします。

お正月のお花を描きました。

お花やさんで買ったのは
ネコヤナギ 白のトルコキキョウ 千両 クチベニズイセン
ピンクのスイトピー。


しかしこのお花を全部描くとなると
ゴチャゴチャするのは目に見えています。

スイトピーとトルコキキョウは別の機会と言うことで…(・・;)

ネコヤナギがとても元気が良かったので
花器から外し手前に持って来て
他の花は水盤に生けてみました。

春の躍動感とパワーをお届け出来たら嬉しいです。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

薔薇 感謝の想いを込めて



先日 急遽娘のお買い物に運転を頼まれ
二人でお出かけしました。

そのお礼にと ランチやら薔薇の花束
来年の手帳そして欲しかったお花のカレンダーまで
娘がプレゼントをしてくれました。

どうやら クリスマスプレゼントを貰う立場が逆転したようです 笑)

でも 素直に嬉しいと思いました😂



ところで 庭で咲く薔薇を寝室に飾ると
むせかえる様な芳香で寝付けず目はランラン! 笑)

しかも花弁がみるみる大きく変化していき
描き終わるのを待つかのように散り行くので

薔薇を描く時は 何時も時間との勝負でした。

このプレゼントされた薔薇は持ちが良くて
形が崩れず凛として しかも描き終わっても未だピンピン! 笑)

なんだか拍子抜けしてしまいました (・・;)



PS
今年も 私の拙い絵と文章にお付き合い下さった皆様へ
感謝の気持ちを込めて描きました。

今年も本当にありがとう御座いました。

ブロ友で入院なさってる方や
通院なさっていらっしゃる方々のご回復を
心よりお祈り致しております。


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

晩秋の中央アルプス 長野県 入笠山にて



6F. の小さな画用紙の中に
雄大な自然を描く難しさを痛感しました。

〜〜♪〜〜

1 1 月3 日

長野県 富士見町の「花の宝庫」と言われる
入笠山にトレッキングをしました。

入笠山の春の訪れは遅くて
5月の5万本ものカタクリの開花を合図に

6月は100万本のスズラン 夏はヤナギランなど
150種類もの山野草が咲き乱れます。

私が行った時期は
大体の山野草は眠りに就き
紅葉は 未だ少しだけ残っていました。

八ヶ岳の伸びやかな裾野が
深い紅葉のグラデーションを纏って鎮座する姿に
心がすっかりと奪われていく様でした。


頂上の360度の大パノラマは開放感に溢れ
深田久弥の 「日本100名山」に出てくる
22名山にも出会えました。

私が過去に制覇した数少ない山だけど
「富士山」「大菩薩嶺」「乗鞍岳」「美ヶ原」「蓼科山」
は何処かな?

眼下に見える牧場では
夏の間放牧された牛は 既に麓に帰ったらしく
姿が見えないのがチョッピリ寂しい。

冠雪の中央アルプス 北アルプス 南アルプス の
此の息を呑むような美しさも
もうじき雪に覆われてしまうのでしょう。

胸一杯に深呼吸しばがら
シッカリと心の目に焼き付けました。

IMG_156821200171218.jpg

IMG_157420171218.jpg

IMG_160220171218.jpg

IMG_156320171218.jpg

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード