FC2ブログ

白木蓮のエチュード



「私のひとり言」

白木蓮のスベスベの花びらとフォルムが好きで
今年は此れで三度描きました。

厚ぼったい固い蕾が 少しずつ解きほぐれながら
開花する姿に絵心がくすぐられます。

満開の見事な桜とコラボする白木蓮
その見事な咲きっぷりに感動〜♪
思わずスケッチしました。

英名は「マグノリア」香りの名前にもなっています。

花の命には限りがあって
モタモタと描き切れない私を置いてけぼりにして
今年も逝ってしまいました。

「来年は もっともっと!ときめくように描いて下さる?」
来年は舞い散る潔さを描いてみたいのですがね…。

春は生きる喜びと別れの寂しさが混じり合う季節ですね。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

優さん、こんにちは。


楽しそうな木蓮。


太陽に向かって手のひらを広げてるような木蓮
まるで踊ってるかのようにも見えます

光と影の色使に木蓮の白さが引き立ちますね
優さんの優しい彩りに何時もほっとします

散歩中に木蓮を見つけると立ち止まって
見上げてましたが、そろそろ散り頃なんですね

トマトさん

歴史のある女子校の校庭で桜とコラボするかのように
ハクモクレンが咲いていました。

スイングしながら 地面スレスレに伸びて咲く姿は
チョッピリお転婆な感じがしましたよ。

背景のピンク色は満開の桜をイメージして描きましたが
絵から感じ取って下さって嬉しいわ。

我が家のハクモクレンは ソロソロ葉っぱがお出ましです〜♪

優しげな雰囲気

優さん、こんにちは。
背景のピンク色が花を生かし優しげな雰囲気ですね。

白木蓮の花は形がシンプルでボリュームが有り
特に白色は清楚な雰囲気を漂わせているので
私も好きな花です。

枯れ落ちた花弁でも絵になる花だと思います。
短い花の命を愛でながらのお絵描きは描いていて癒されます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mnsuisaiさん


mnsuisaiさん おはようございます〜♪

遥か木の頭上に咲くハクモクレン、
其れもみんな 空を見上げて咲いています。

今回は 何と!見下ろす感じで見れたのですからね
幸せだなぁと思いましたよ。

自然の儘に成長すると素晴らしいオブジェの様です〜♪

校庭の桜とハクモクレンをコラボさせてみました。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは〜

お昼にスマホでコメントしたのですが、もしかして非公開になってるのがわたしなのかな?
思い出しつつ再び(^^)/

とても新鮮な構図だと思います♪
エチュード
何度も繰り返しはハクモクレンを描くことで、新しい花が咲くように新しい優さんの絵が生まれているのですね♪
果敢に挑戦する優さんの意志が見えるようで、こちらまで励まされます。

桜の背景、いろんな色があって、すごく良いですね♪
ハクモクレンを美しくみせてくれています。
美の競演ですねe-420

Tshkumoさん

Tsukumo さんおはよう御座います。

ハイ!最初のコメントは非公開になっていましたよ 。
とてもステキなコメントで元気を頂きました。

そして 再びのコメント、何だか得しちゃったかな?
嬉しいです!ありがとう😊

同じモチーフを何回も描くのは初めてだけど
違う自分に出会えた感じで面白いと思うわ。

最近、ライアーの練習を始めました。
これも楽しい時間で、無心に音符と格闘?していると笑)
時間の経つのも忘れてしまいます。

今年は 過去を掘り起こして
新たな出発をしてみようかなと思っています。

No title

こんにちは

優さん、白木蓮好きですよね。
白木蓮と桜のコラボは見事な事でしょう。
どこかにお花見には行かれましたか?
こちらは、満開の時期に強風、雨、寒さ、休日などでタイミングがズレました・・・

前回のニャンちゃんの絵もホッコリしますね。
何とも言えない後ろ姿が可愛らしいです。

芽吹さん

芽吹さん こんにちは〜♪

白木蓮は大好きな花の一つです。
ふるさとの山に咲いていたコブシの花に
少し似ている感じがします。

白木蓮と桜のコラボは見事な絵の様でしたよ。

芽吹さん地方は生憎のお天気で残念でしたね。
私はご近所の花見を充分満喫したので
体調も良くなりました。

ニャンコの絵を気に入って下さりうれしいわ。
ますます励みになります。

天候の変動が激しいので 充分お身体に気を付けて下さいね〜♪
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク