FC2ブログ

三月の静物画 酒器に春の花を添えて



「片口の酒器」に「白モクレン」を添え
「ぐい呑」に春の小花を浮かばせて描きました。

ひと枝に咲いた一輪の「白モクレン」を 二日間観察して
絵画的にまとめました。
なんか 一輪だけ 方向が違う?(・・;)


此の酒器は 今まで 出番は無かったのですが
お花を生けると楽しそうです♪( ´θ`)ノ


〜〜 ♪ 〜〜

此の絵に描いた 「片口の酒器」は
かなり以前 岩手に帰省した際 手に入れました。

妹は 私が帰省するのを待ちかねた様に
彼方此方と楽しい処へ 連れて行ってくれて

あれはいつだったか …人が滅多に行かない様な
山奥のひなびた工房に 案内してくれた事が有りました。

薄暗い工房の中には 作りかけの漆器が
山の様に積み重さねて有って

その片隅で老人が 黙々と漆器を作っていたのです。

初めてお目にかかる職人さんの工房へ
私は 盛岡駅から直行したので
新幹線用の?華やかな格好でお邪魔する羽目になって
「不味い!もっとシンプルな服に着替えたいの。」

しかし 妹はそのままで いいと言い
その職人さんに明るく知己の様に振る舞うのを
私は 感心しながら眺めていた。

「こんにちは〜♪ 以前話した東京の姉です。」
とか何とか言って私を紹介しました。

私は 「東京」のひと言に何故かドギマギしながらも
「茨城県在住」とは言い難いので

「マァ!15年間東京の人だったし
未だ東京の人で通せるかも ? (´ཀ`」 ∠):

「良ぐ 来たな〜。」

職人さんはニコニコしながら
私たち美人?姉妹を出迎えてくれました ♪( ´θ`)

世間話の後 妹は傍に置いて有った片口の酒器を手に取り
やおら 価格交渉を始めたので 驚いた (・・;)

私 お酒は好きだけど 別にこんな徳利の親分には
こだわりは無くて

「 そんなもん要らへん〜」って内心思ったけれど

でも 高価そうな酒器を横目に
妹だけが買うのは 姉として釈然としないし
心の中で葛藤 〜笑)

「東京から来た!」の一言で
呆気なく破格の値段で交渉が成立!

主体性の無い姉の私は つい便乗してしまった (・・;)


後日 盛岡市内のデパートでショーウィンドウを覗いたら
その酒器は結構なお値段が付いていて

「何だか悪い事したな…。」d( ̄  ̄)

ずっと 後ろめたさが有って だから
余り目に付かない様な 飾り棚の奥へと眠らせていました。



久しぶりに手に取って 丁寧に描いたら
後ろめたさからは 解放されたけど…。


この片口の酒器は大っきくて!
二合は軽く入りそう!(・・;)

しかし 夫も私も 最近お酒はメッキリ弱くなった…。

そう!此の次は春の煮物を盛ってデビューだね〜♪( ´θ`)

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。^^ヾ

二日も観察されて描かれるのですね!
私はデッサンに時間をかけてしまい、いつも先生の叱られています。(;^_^

こんなふうに、構図がつかめたらいいのですけど。
画ばかりは、センスとか才能の世界ですものね!

こうして眺めることだけに専念したほがいいかもです、私は。(^^♪

優さんの絵は、色遣いが優しくて、大好きです。

No title

おはようございます!

今日はなんだか更新されてるような気がしてパソコンを開きました。
ビンゴーです(笑)

白モクレンはとても好きな花です。この季節、上を向いて凛として咲く姿が美しいですよね。
優さんの白モクレンもとても美しいです♪
白を表現するのって難しいのでしょ。写真もなんですよ。白の表現は難しいです。

妹さんとの工房訪問記はとても愉快です(^^)/
酒器に煮物を盛るのイイですネ!

デパートって購入額の半分以上デパートがとって、作家さんには少ししかいかないそうです。それでもデパートに置くのは、作家としての称号みたいだからとお聞きしました。直にお求めになった妹さんは賢明です!

No title

おはようございます


酒器を花器に見立てた発想おしゃれですね

器の中の色合や背景の色使いまでもが花の白さを
浮きあがらせ見事ですね

ぐい呑み生けられた可愛い花も控えめに描かれ
いい仕事をしてますね

二日間も観察されたとか
これが素晴らしい絵に繋がるんですね。

窓さん

窓さん こんにちは〜♪

こんなに時間をかけて木蓮を観察したのは初めてですよ 。
昨年は剪定ミスで 一輪も咲かず植木屋さんを恨みました 笑)

今年は20輪くらいの花が咲いたので嬉しくて〜♪
白木蓮は咲いてから散るのが早いですね。

二日間見守っていたら 最後は「タイサンボク」みたいな
巨大な花になったので ビックリでした。

デッサンに時間を掛けるのは
良い事だと思いますけどね。

水彩画は 丁寧にデッサンして
着色はアッサリ!が良い人もいますし。

教室だと他の方のペースに左右され易いので
マイペースを維持するのは大変ですね。

色遣いはもっと色々な色を試せたら良いのですが
今後の課題ですね。

つくもさん

ハイ!ビンゴーでしたね ♪
白木蓮は私も大好きなお花です。

最初は白い小鳥が寒そうに丸まってる感じがします。
それが徐々に開花して
最後は巨大なタイサンボクの花みたいに成長して
バラバラと散ってしまいました。
お花の移ろいに人生を重ねてしまいますね。

つくもさんのお話から察すると 私が買っても良かったのね(・・;)
アー!良かったわ 笑)

妹の方が姉の私よりもシッカリしているので
人生の事やら世間の事やら教わることが多いです (・・;)

トマトさん

トマトさん こんにちは〜♪

お花を ジッと観察しているとその変化に驚かされます。

刻一刻と変化する花姿は ドラマチックで
眺めていて フト〜♪ 赤い器に活けたら良いなと思いました。


頭上に咲くハクモクレンの花は既に何度か描いたので
違うバージョンにしましたよ。

長い間描いていて これも変化の一つかしら?
そんな変化の兆しを此れからも大事にしたいわね。

ぐい呑も昔は良く使ったけど
今では出番がぐっと減って(・・;)描いて良かったわ〜♪

片口酒器で酒を

優さん、こんにちは。
白木蓮の白を際立たせるバックの色合いや陰影が素敵です。
一輪向きが違うのも美しい後ろ姿で絵になります。

幹の新芽や白抜きを丁寧に表現されましたね。
二日間も観察されて特徴を掴み大事に描かれたことが良く判ります。

グイ呑みに浮かべたパンジーが良いですね~!!
菊模様のコップにはキク科の花を添え・・・憎い演出!!

この片口酒器で日本酒が飲みたい!!
東京のセレブに高く売りつけられることは無くお買い得でしたね(笑)

No title

一つだけクイっ〜と上を向いた白木蓮が何だかユーモラスで愛らしいです。
片口の酒器はさながら白木蓮の美女に囲まれた高級車のよう♪
煮物もより一層美味しさが引き立ちそうですね。
優さんの素敵な絵を見たら、職人さんも売ってよかったと思われるかも。

絵に描くのも大切に使い込むのも、器とそれを作った職人さんへの愛情ですよね(^o^)
優さんの手に渡った、この片口の酒器は幸せ者だと思います。

お気遣いありがとうございます

優さん、おはようございます(^^)
リフトアップのこと、ご丁寧にありがとうございます!
また、お嬢様と話題になったら教えてください。(^^)

今日もまたまた、寒い1日になりそうですね。

No title

おはようございます

清楚な花がいいですね
酒器を花卉にするのもいいですね

花を見てご夫婦で酌み交わす風情は
いいものでしょう
私のとこは
夫婦で饅頭ですwww

No title

こんにちは

今回の絵は二日間も観察してから描いたのですね。
なんとも立派な白モクレンで、絵も映えますね。

優さんのご実家岩手県なんですね。昔仕事でよく行きましたよ。
東北って、久しぶりに帰省するとホットしませんか?
訛っているけど言葉が温かいんですよね。

職人さんが作った酒器でお酒を嗜んだら、雰囲気も出て更に美味しいのではないでしょうか?私は全く飲まないのですが、職人さんがつくった品物って何でも味があって良いですよね。

mnsuisai さん

mnsuisai さんおはようございます〜♪

背景の構図や着色にかなり神経と時間をかけました。
単純な絵の方が実は かなり考えなければいけない
のだと悟った気がします。

先人の画家の偉大さが 良く判りましたよ (・_・;

幹の新芽は時間差でマスキングをかけました。
マスキングを上手く使いこなせたら
もっと絵に深みが出て来るわね。

菊模様のコップ?
思わず仰け反ってしまったわ 笑)
此れは椿の模様のお猪口なのです。
お花はサクラソウ?みたいね (・_・;
マァネ!もっと精進しなきゃね 笑)

でもお酒に浮かべる花びらは 菊とか梅の花が
合っているのかもです。
猿も木から落ちる?でしたね〜♪

私 似非セレブは 本当のセレブには なり切れないと
思いました (・_・;

artkazuko さん

artkazuko さん おはようございます〜♪

ハクモクレンの蕾は
沢山の白い小鳥が木に止まっているうに見えますね。
そんな可愛らしさも出せたらと思ったのです。

エエッ?美女に囲まれた高級車の様ですか?
実は 先日娘夫婦が 高級車を購入した際に
同行したので そんなイメージが出たのかしら?

絵って怖いわね! 笑)
作者の深層心理が読み解ける?かもですね(・_・;

そうですね!この器を大切に使い込むのが
製作者の意図に寄り添う事なのでしょうね。

窓さん

窓さんこんにちは〜♪

一昨日娘に会ったのですが 娘は未だ若いので
リフトアップは全然気にならないと言うか
未だ使用しなくても良いのでは?と思いましたよ。

それよりも 私が試すのが近道かと…(・_・;

でも娘は超多忙なので なかなか時間が取れません。
先ずは私のリフトアップが三日間保てるかどうか?ですね〜 笑)
気長にお待ち下さいね。

MOKUZOUSI さん

MOKUZOUSIさん こんにちは〜♪

ハクモクレンは その清楚が 好きです。

花期が例年ですとかなり短いのですが
今年は寒いのでしょうね 未だシッカリと楽しめますよ。

お花見で飲食をする予定は無いのですが
こうやって家で楽しむのも良いものですね。

最近は 野辺のヨモギを摘んでる方々を良く見かけます。

キッと!草餅を作るのでしょうか〜♪
春の香りのよもぎ饅頭は私も大好きです。

辛党だったのが 私もスッカリ 甘党になったようですよ。


芽吹きさん

芽吹きさんこんにちは〜♪

我が家の白モクレンはたったの20輪だけ咲きました。
花数は少ないけど 栄養が行き届いているせいか
元気が良くて 未だ綺麗に咲いています。

芽吹きさんは お仕事で岩手に赴かれたのね?
帰省する度 岩手の山並みが
優しく出迎えてくれるのでホッとします。
訛りも懐かしいですし 啄木の気持ちが理解出来ます。

国内産の漆器の漆が最近は採れない様なので
職人さんには 是非この伝統文化を継承して欲しいです。

私も 仕舞い込まずにに
ちゃんと使って上げないといけませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

酒器に花…なかなかのアイディアです。
「二日間観察して」というだけに、やさしくふんわりとしたモクレンの花が部分まで丁寧にうまく描かれていると思います。
蕾と少し開きかけたもの、そして中の蕊が見えるまでに開ききったものと、花の時間の経過まで意識されたようですね。

山茱萸は別名「春黄金」の名があり、まさに「エイヤッ!とばかりに咲く」その黄色い花は比較的長く咲いてくれます。
香りは感じられるほどにはありません。
いたるところに春の色が広がってきた感があり、日々楽しみです。

hioigi さん

hiougi さんこんにちは〜♪

青空をバックに黄金色に輝く「山茱萸」が咲くと
本物の春が来た感じですね。

葉よりも先に花が開き まるで 木になる小判が
キラキラ光って綺麗でしょう…
なんて 夢想に耽るのも楽しいですね。

真っ赤な果実を秋に 果実酒にされるのでしたら
この片口漆器に注いだら美味しいかなぁ!なんて思いました。

今年のモクレンは未だ頑張って咲いてくれて健気で可愛いです。

こんにちは!いつも、ありがとうございます。

桜もいよいよ満開の様子を見せてきましたね!

優さんは、桜を描かれるのでしょうか、と、ちょっと楽しみにしています。
私は来月の課題は、桜なんですけど、きっとまた描けません。(;^_^

苺の大きな実ってやっぱり家族にはいきわたりませんよね~~
主婦としての役得、でしょうかね。~~~ヾ(^∇^)あはは♪

窓さん

窓さんこんばんは〜♪

此方地方も いよいよ桜が満開になりそうです。
かなり 暖かい ので お花見の はしごをしないと
間に合いそうも無いわ (・_・;


最近は大きな苺が出回っているので
家族からブーイングが出ない様に分配するのは大変ね (・_・;
ヤッパリ 主婦の役得と言う事で ? 笑)

何盛ってもいいんじゃない。

カタクチ大好きです。我が家にも何個もあって、いろいろなものを盛っています。酒より出番がおおい(笑) いいですよね。
そして、陶芸は土物だから、値段があってないようなもの、好きでないものは絶対に買わないこと!でも、気に入ったなら、いこのくらいな出せるけど・・・というのもいいですよ。
木蓮いいですね〜ぇ。
椎茸!旨し。です。では、では、またね。優さん

ソカロのゆうさん

ソカロのゆうさん こんばんは〜♪

カタクチ?イワシ?を思い浮かべてしまいます (・_・;

素焼きの片口にお料理を盛り付けるオシャレなテーブル〜♪
良いですね。
アレコレと考えを巡らすのも楽しそうですね。

椎茸の栽培ツアー 楽しそうでした。
人と触れ合いながら 椎茸の栽培の経験をしたり 同じご飯を食べたり
とても良い経験だと思います。
私も 色々体験してみたいと思いました〜♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク