FC2ブログ

晩秋の中央アルプス 長野県 入笠山にて



6F. の小さな画用紙の中に
雄大な自然を描く難しさを痛感しました。

〜〜♪〜〜

1 1 月3 日

長野県 富士見町の「花の宝庫」と言われる
入笠山にトレッキングをしました。

入笠山の春の訪れは遅くて
5月の5万本ものカタクリの開花を合図に

6月は100万本のスズラン 夏はヤナギランなど
150種類もの山野草が咲き乱れます。

私が行った時期は
大体の山野草は眠りに就き
紅葉は 未だ少しだけ残っていました。

八ヶ岳の伸びやかな裾野が
深い紅葉のグラデーションを纏って鎮座する姿に
心がすっかりと奪われていく様でした。


頂上の360度の大パノラマは開放感に溢れ
深田久弥の 「日本100名山」に出てくる
22名山にも出会えました。

私が過去に制覇した数少ない山だけど
「富士山」「大菩薩嶺」「乗鞍岳」「美ヶ原」「蓼科山」
は何処かな?

眼下に見える牧場では
夏の間放牧された牛は 既に麓に帰ったらしく
姿が見えないのがチョッピリ寂しい。

冠雪の中央アルプス 北アルプス 南アルプス の
此の息を呑むような美しさも
もうじき雪に覆われてしまうのでしょう。

胸一杯に深呼吸しばがら
シッカリと心の目に焼き付けました。

IMG_156821200171218.jpg

IMG_157420171218.jpg

IMG_160220171218.jpg

IMG_156320171218.jpg

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

今日も絵の前で深呼吸(^-^)/
山の連なりが、
特に冠雪の山がみごとに描かれていると思います。

6号だと雄大な風景を描くのは難しかったでしょうね。
小ささを感じないほど丁寧に描かれてると思いました。
昨日の教室では、岩を描くという人が、はじめて30号に描くために、パネルに紙を貼っていく作業をみました。


「山野草は眠りにつき」
詩のような記事にも引き込まれました♪

No title

素晴らしい景色で良かったですね。

No title

こんにちは。


雄大な風景を見ながら暫らく穏やかな気分に
浸ってました

大きな自然も小さな自然も人を育てるん
ですね。

家から、うっすら見える山々のてっぺんに
雪が舞おりると、小さな冷え込みを感じます。

山々の違った表情

優さん、こんにちは。
F6って小さく有りませんよ!!私はSMを持て余しております(笑)

雄大な山々の違った表情が良く出ていて素敵です。
この雄大な自然の中で豆粒大の人物や小枝のマスクなど
細やかな配慮・・・優さんの性格が出ているのでしょうね?(笑)

つくも (月萌)さんですね?

亡くなった父が 若い頃 冬の岩手山に登山して
遭難しそうになり避難小屋に一泊したところ
ナント!雪女が現れたそうです。

それが凄い美女だった!と 話す父の顔が 真剣そのもので
それ以来 憧れと畏怖の山となりました。

前景 中景 後景と描くとなると どうしても足りないのですが
紙のサイズじゃないのよね。
構図的な問題かなぁ!(・・;)

ブログは何時も 文章が先に仕上がるのですが
どうしてなんだろう? 笑)

fuku爺さん

入笠山は低山ながら 見所がたくさんあって
登山初心者には嬉しい山でした。

頂上から100名山の幾つかを見れるんですから!

この日は珍しく 一日中富士山を見れましたよ。


スズランの咲く頃 又 行ってみたいと思います。

トマトさん

絵を見て下さっての感想を 嬉しく拝見しました。
どうもありがとう😊

大きな自然も小さな自然も
私たち人間を見守り育んでくれます。
自然界の偉大な恩恵を 人間はもっと謙虚に受け止めたいですね。


トマトさんは 窓から見える雪山で
冬将軍の訪れを感じるのですね。

私は真っ平らな関東平野に住んでいるので
そんな景色にとても憧れます。

私の住んでる地方は「筑波おろし」で冬が来たな!と思うのよ。

mnsuisai さん

そうでした!mnsuisaiさんは SMサイズに描かれていますね。
其れもかなりたくさんのモチーフを!
実際見ると細密画なのでしょうか?

特別なメガネがあったらコッソリ教えて下さいね 笑)

山並みが画一的にならない様に気をつけました。

木々は アルプスの山並みを何時も見れて羨ましいなぁ?
なんて思いながら描きました。
でもこの場所は かなり風も強いし大変そう!
その場所で踏ん張るのは至難の技で
私には出来ないな…(・・;)

そんな事を思いながら描きました。

こんばんは

360度の大パノラマは圧巻ですね。
遠近感で十分に雄大さを感じさせてくれます。

雪と紅葉の織り成す景観は綺麗だったでしょうね。

No title

おはようございます
ここは展望がいいですね
私が登った時はまだ御岳山の噴煙が見えていました

ichanさん

おはようございます。

遠近感が出ていますか?
一生懸命描いたので良かった!
ありがとうございます。

此の風景が 真っ白い雪に覆われることで
新しく生まれ変わる清さを感じました。
だから 憧れる風景なのかも知れませんね。

私も リセットするチャンスがあるのかしらん?

MOKUZOUSIさん

この場所に立たれた事があったのですね!

あの展望の素晴らしさを思い起こさせるのに
絵が ひと役かってくれたら嬉しいのですが…(・・;)

私には 日本の 名山が 車座に なって
お喋りしている様に見えました〜♪

この日は 御嶽山が静かで良かったと思いました 〜 笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

山ガールの優様

今度は中央アルプスの入笠山ですか
すっかり「山ガール」になった優さんのアルプスの雄大な絵にて、夏の登山の記憶が蘇って参りました

入笠山はこれから雪山登山を始める方に人気の山だそうで、この冬に私も登ってみたいと思っています

さて、来年は北アルプス辺りで優さんとお会いするかもしれませんね

kiteさん

kiteさんの山ブログを訪問しまして
スッカリとベテランの山男になった感がします。

私には 到底ムリムリ!と思っていたのが
今年は 低山ながら何箇所か登る事が出来ました。

そして来年も又訪れてみたい目標やら
希望が湧いて来た事は 自分でも意外な心境の変化です。

日常的には 其れに伴う体力の維持も考える様になりました。


冬の入笠山に登山されるとか?
私は kiteさんのブログを拝見するだけで満足です 笑)

北アルプスですか? ワオ〜! 私 ムリムリ〜笑)

No title

ずっとそこに一日居たいような気分の壮大なパノラマ画ですね。
見渡す限りの秋景色の美しさと雄大な山なみを前に、どこをどう切り取ろうかと構図に腐心したことと思います。
北アルプスの見える松本は学生時代を過ごした場所、今住んでいるのは東に南アルプス、西には中央アルプス、間に天竜川が流れ…そんなところです。

hiougiさん

コメントを拝見して嬉しく思いました。

何時も 拙い絵を見て励まして下さって
有り難いと思っています。

美しい山並みに囲まれた街にお住まいなんですね。
学生時代からの自然環境が良かったので
ずっとその居心地の良さを知
り尽くしているのかも知れませんね。

hiougiさんが 泰然自若とした風格なのは
そんな自然環境が育んでくれたのかなぁと思いました。



No title

前回は名無しで失礼しましたm(__)m
スマホからコメントすると、文字が小さくて、、、(^_^;)

写真でも風景をみせていただきすごく嬉しいです♪
今日は写真の前でも深呼吸(^-^)/

つくも( 月萌)さん

おはようございます。

昨日は都心に出かけて 帰宅が遅くなり
コメントのお返事が出来ず失礼しました。


山の写真を喜んで下さり嬉しい! 😂です。
スマホで写しました…。

入笠山は 雪山初心者に適している山ですって!
イメージを膨らませて 銀世界を想像して下さいね〜♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ハッピーホリデイ!

鳥になって遠く拡がる山々の向こうまで飛んで行きたいという気持ちにさせる作品ですね。

頂上の空気はどのような味がするのでしょう。
高山に登った経験がないので、きっと、冷んやりとしていて、
木々の香りなどや土の香りがする独特の味がするんだろうなぁ?
と夢想しています。

artkazukoさん

おはようございます😃

クリスマスに素敵な言葉のプレゼントを
ありがとうございました。

そうですね!鳥の目線で眺めると
この世界はもっと楽しくなりますね!
それに気付かせて頂き感謝です。

最近モチベーションが下がり気味ですが
鳥になったつもりで もう少し頑張ってみます。
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク