FC2ブログ

魔女の瞳 一切経山 福島県 福島市

DSC_001520171122.jpg

10月9日 晴れ

標高 1948:8メートルの一切経山へ登山しました。

一切経山は 吾妻連峰の東の端に位置し
今も活動を続ける活火山です。

朝3時に起きてお弁当を作り

車の中ではウツラウツラの仮眠、
そう!私の特技は何処でも寝れる事 笑)


磐梯吾妻スカイラインの浄土平の駐車場に
7時半頃 余裕でパーキング出来ました。

過去に苦い経験があるので
休日の行楽日和は先んずれば人を制すです。

見上げると微かに噴煙が上がっているのが見え
活火山だ!一瞬緊張が走ります。

石がゴロゴロするがれ場を黙々と登り
一息入れる為に後ろを振り返ると

数年前登った吾妻小富士が鎮座しています。

この山は過去の噴火口がアングリと大口を開け
独特な雰囲気を醸し出しています。

あの時 一切経山を指差しながら息子が言ったのです。
あの頂上から魔女の瞳が見えるんだ。

魔女の瞳〜?いつの日か行けたら良いなぁ…。

あれから体力を付け
今日こそ その魔女の瞳を見るべく来たのです。

数十メートル横で 噴火の煙が立ち昇るのを横目で見ながら
呼吸が少し苦しいのは 私だけ?

此処から綺麗な空気になります!の掲示を過ぎたら
息苦しさが無くなりました。

視界が急に開け 人間のシルエットが空に浮かぶ
不思議な光景!其処が頂上でした〜♪



エメラルドグリーン コバルトブルー ターコイズブルー
色んなブルーが混じり合った 魔女の瞳。

パレットに並ぶ絵の具を空想しながら
イメージで描く。



水溜まりのような絵にならないでね、
息子の一言…(・・;)



帰り道 今更 思い出したくも無いけど
がれ場で想定外の転倒 シーンがありました (・・;)

今まで転んだ事が無いのに〜(;_;)
多分浮石に足を滑らせた?


幸いリュックが衝撃を緩和してくれ
腰を強打したのにヘッチャラで
それより精神的なショックが大きかった!

私 とうとう転んじゃった…(・・;)


この日は登山靴を履かず
ウォーキングシューズにして

年寄り臭いとポールも敬遠したのも過ちでした (・・;)

あれ以来 心を入れ替え 必ず登山靴を履くようになり
ポールも購入しました。

ポールは 凄く使い勝手が良く 優れもの
将来的には 長〜いお付き合いになりそうです 笑)

一切経山
20171119IMG_1353.jpg

酸ケ平湿原と鎌沼
20171119IMG_1381.jpg

20171119IMG_1376.jpg

吾妻小富士
20171119IMG_1387.jpg

一切経山 山頂
20171119IMG_1394.jpg


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます

吸い込まれそうな魅力ある「魔女の瞳」です!
私がみることはない世界をみせていただき感激です(^^♪

大きな空と遠景の山が、この風景の広がりと深さを表現してると思いました。
石ころ描くのもう大得意ですね(^^)/

転倒で大事に至らず何よりでした。リュックにありがとうです。

ポールは持ってないけどいいですよね。
第3の足だから、足への衝撃も1/3になるのですよね。
私は、気づくとカメラの三脚を杖代わりにしてる時があります(^^;

No title

優さんへ

登山もされて、なかなかタフですね。
登頂してからの眺めも最高で、絵にも表現されていますね。

登山はきちんと装備

いいところへ行かれましたね。
ここは行ったことありません。
いい絵も描くことができたし、きっといいお写真も。

装備を完全に。まだ行けると思わないで、気持ちは若くても
少しずつ減退しています。登山靴とポールは必携です。
それでも私はもう無理みたい。

今日近くのハイキングコースで、転んでしまいました。靴はウォーキングシューズでしたが、ポールはもっていました。ハイキングコースですよ!(涙)70歳以上の男性数人が健康のため毎日歩いているコースなのに。

No title

こんばんは。


息子さんが言われた一言に再度挑戦
された山懐かしさでいっぱいだったでしょうね

心が奪われるような山々を描かれた
優さんと息子さんに乾杯。

苦労して登られた山魔女の瞳
見られたと思います。

澄みきった水面

優さん、こんにちは。
魔女の瞳は、観る場所や時間によって色々な色が楽しめるようですね。
澄みきった水面が綺麗です。そして樹木の育たない山肌にガレた足元、
遠中近が素敵です。
足元は高山植物も楽しめ、今は紅葉が綺麗なのでしょうね!!
二人の人物にポールを持たせ、こちらも気を配って描かれましたね!!
ポールが杖になるまで長~く、お絵描きを続けて下さい(笑)

つくも(月萌)さん

外出してたのでコメントのお返事が遅くなってしまいました。
ごめんなさい🙏

私もつくも (月萌)さんのブロブを拝見して
色々教えて頂き
ブロ友さんの有難さを実感しています。

最近石ころや 岩を描く事が多くて
自分でも疑問に思います (・・;)
でも少し石ころらしくなって来たでしょう?

リュックは機能的にも優れて
転倒の際には身体を防御してくれるのよ。
あまり詰め込み過ぎるとよろけますけど〜笑)

そうね!ポールは第三の足かも知れないわね。
そして熊が出たらポールで追い払えるし
かさばらず優れたグッツですよね。
もう手離せないわ〜笑

fuku爺さん

お返事が遅くなってすみません。

最近山登りに スッカリとはまってしまいました。
自分の足で一歩一歩目的地に到達する
醍醐味を味わっています。

そしてその時の風景や気持ちを
忘れずにいたいと思い描いています。

お千さん

この湖は魔女の瞳の名前がピッタリ!
覗き込むと吸い込まれそうで
危うく転げ落ちそうになりましたよ(・・;)

写真はスマホで撮っているので
その内アップしますね。

絵と同時にアップすると絵が霞んで
なーんだ!ってなるでしょう? 笑)
未だ画力が伴っていませんからね 笑)

山は装備を侮ってはいけないわね。
底が厚い登山靴は滑り止めの役目もしてくれますし
何よりも疲労感が軽減されますね。

低い山でも下山の方が怖いですね。
帰りは疲れてくるし注意力も散漫になるし。

それと視力との関係かしら?
遠近感が掴み難くなっている事を
自覚しないといけないわね。

いつのまにか そう言うお年頃なのね (・・;)

トマトさん

魔女の瞳のネーミングにもドッキリしました。
一度聞いたら忘れられず どんな瞳なの?って
憧れていたのです。

活火山の荒涼した風景の中余計に神秘的で
見れて良かったと思いました。

念じていれば願いは叶うのかも知れません。

トマトさんのお願い事も キット叶いますように〜♪

No title

この絵はアイパッドで写真を撮りアップしたのですが
思い通りの色彩が出ていないと思います (・・;)

明日夫の一眼レフカメラで
再度写して貰いたいと思っています。

記事との兼ね合いで ポールは慌てて描きました(・・;)

慣れれば ポールは使い勝手が良いですよ。
なんせ足が3本ですからね〜笑)

そうね! ポールが杖になっても絵は続けたいわね ♪


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mnsuisaiさん

mnsuisaiさん!お名前を失念して
ごめんなさい🙇
後で訪問させて頂きますね。

No title

いろんな所へ出かけられたり、登山をなされているんですね。何処からそんなパワーが出てくるのかと、その行動力に驚くと共に敬服しきりです。
登り切ったあとの達成感というか、征服感を絵から共有させて頂きました。
様々なブルーを湛えた「魔女の瞳」にも出逢えたようでよかったですね。
きっとこれまでの作品が多く溜まっていることと思います。そろそろ個展の予定でもおありですか。
チェーンソーは直って戻りました。部品代は500円、あとエンジンなどの清掃と刃を研いでいただいた工賃を含めてトータルで3000円でした。これであと数年は使えると思います。
仰る通り、人も経年と共にメンテナンスが必要ですね。

No title

「魔女の瞳」
なんて素敵なネーミング!

いつも、澄み切った空気を感じさせてくれる絵を
ありがとうございます。

「コヒマワリの咲く小径」(9月7日の)
私がベビーカーに乗ってる、そっくりな写真があります。
もちろん、セピア色になってます(^^)

昔、福岡に3年いたので、九州旅行の記事は懐かしかったです。唐津に近い所に住んでいました。

登山もされて、パワフル!素晴らしいです(^^)/

hiougiさん

チェーンソーが直って良かったですね〜♪
使い込んだ道具は愛着も有りますし

メンテナンス次第で道具としての寿命を全うさせて上げるのも
使う側の使命と気付かされました。

しかも3000円とはお安いですね!

身体が動く内に出来る事をしょう!
最近は友人との合言葉です。
山登ガールの友人に触発されてしまいました。

山登りは刻一刻と変化する景色が素晴らしいです。
その時の雲の流れ 風を感じて
身体中の細胞が活性化される感じがします。

心も洗われる様な気もしますし
心と身体のメンテナンスを兼ねて行きます。

普段 真っ平らな関東平野に住んでいると
無性に山が見たくなるのです。

個展は考えた事もありますが
集客力が無いので諦めました。

でもブログの絵の掲載は個展だと思い
一生懸命描いてアップしています。

拙い絵ですが此れからも見て下さると嬉しく思います。

イルムケップさん

「魔女の瞳」はイルムケップさんが描かれる
人物画の瞳を想い起こさせてくれました。

覗き込んでも底が見え無い様な深淵。
美しさと哀しみを湛えている様な
モナリザの様な瞳にも通じています。

「コヒマワリの咲く小道」も見て下さっていたのですね。
嬉しいわ!
娘の赤ちゃんの頃を思い出しながら描いたのですが

イルムケップさんがベビーカーに乗ってらしたのですね 笑)

福岡にも住んでいらしたとか
唐津は玄界灘から獲れる魚が美味しいですし
歴史的な建物にも心惹かれます。

普段からウオーキングやストレッチをしているので
山登りは思ったほど苦では有りません。

山へ行くと免疫力が上がる気がしますよ〜♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはようございます♪

>あの時 一切経山を指差しながら息子が言ったのです。
>あの頂上から魔女の瞳が見えるんだ。

>エメラルドグリーン コバルトブルー ターコイズブルー
>色んなブルーが混じり合った 魔女の瞳

こういうの見てみたいなぁ 綺麗なのでしょうね

息子さんの一言きついわね 水溜まりって =^-^=
強烈なアッパーパンチね まぁ親子だから言える言葉ね

はやとうりさん

おはようございます。

写真や絵では伝わり切れないかも知れませんね。
魔女の瞳の実物は素晴らしかったけど
写真で見るとスケール感が全然違いますね。

構図を工夫して雄大さを出しましたが
絵を写すカメラが壊れてしまい
実際の絵よりも変です (・・;)

流石の息子も絵を見て口を噤んでしまったわ。
新しいカメラ買いたい〜(・・;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ご無沙汰しています。
登山のブログで思い出しました。

以前の職場の先輩が、趣味が登山と聞いて近場の山へ一緒に登山に行きました。とても有意義な一日で満足しました。

その一か月ご次男がお腹にいることが判明。
先輩が、とても心配してくれたことを思い出します。

実は、長男のTwitterのアカウントを内緒で入手してまして、つい最近長男のTwitterをみたところ、飛行機で高知に出張に行ってたことが判明。別にいいんですけどね。(お土産ほしかったなぁ~)

千葉に行った長男は、連絡(ライン)しても、既読のみで返信すらないんです。
怒り爆発v-42
「携帯止めるぞ」(未成年者なので携帯の権限は親次第)
と脅かしたところ、すぐ返信あり。
年末年始はかえってくるとのこと。v-218

そら豆さん

おはようございます😃

たしかにお返事を書いたのに 何処かへ飛んでしまったわ (・・;)
再度のお返事を書いています。
妊娠中の山登りは転倒したら危険ですよ
先輩が気遣って下さるのも解ります。

その時のご長男も立派な社会人になられ
出張まで行かれる様になった事は嬉しいですね〜♪
責任感のあるお仕事を任せられているのでしょう。

携帯の契約を切ると言ったら 速攻で返事が来るなんて
可愛いですね!

もう少し未成年のままで居て欲しい?
そら豆さん!そう思っちゃうダメですよ 笑)
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク