FC2ブログ

千畳敷カール 長野県駒ヶ根市



9月29日 快晴

中央アルプスの千畳敷カールへ登山しました。


ロープウェイで一気に千畳敷カールへ到着~♪

目の前に広がる絶景に 思わず緊張感が走ります。


看板には
このカールは 二万年前の氷河時代の遺跡で
上部の岩肌の氷で削り取られ
その岩石が氷河によって運ばれ
下方でモレーンとなって出来たものです。
と書いてあります( ̄∇ ̄)


千畳敷カールは 安全な周遊コースも有るのですが
乗越浄土への登山を選択しました。

草紅葉の白い岩肌とのコントラストが綺麗で
大きな岩石がゴロゴロ転がる険しい道を休み休み…。

2万年前から 有る此の石は 少し移動しているらしい
落石に合わなきゃ良いけど…(・・;)


なんとか頂上の乗鞍浄土に着き
頑張ったご褒美には
此の絵の様な景色が待っていました。


乗越浄土を起点に
宝剣岳 中岳 駒ケ岳 伊那前岳 北御所のコースへと
道が遥かに続いています。

登山の技術も経験も無い 初心者の私には
其処から先は 足を踏み入れられ無い領域で
立ちはだかって見えました。

でも、もしも其の山を極めたら
もっと素晴らしい景色に出合えるに違いない!


登山には 人の心を惹きつける不思議な魅力がある
と想いました。

IMG_131920171102.jpg

IMG_134120171104.jpg

IMG_1343201711104.jpg


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わぁーキターー!

いつも優さんの絵を見させていただく時は、絵をゆっくりみて~記事を読みます。スマホの小さい画面をスクロールしながら、ご主人はどんな写真を撮られたのかなーって思いました。
で、キターです(^-^)/
お二人のコラボいいですねー
どちらものクオリティーの高い作品なのがすごいです!

絵は。草紅葉って言うのですか、綺麗な色ですね。
登って来てる人物が小さいのに、どの人物もいきいきしてる、
素晴らしい♪

懐かしく・・

こんにちは 
木曽駒ケ岳ですよね  まだ独身の頃 会社の仲間と同じように
ロープウェイで登り 山小屋で1泊し 木曽福島まで歩いたのを
思い出しました。当時スキーに狂ってましたが、登山は初心者
登山の楽しさを覚えました。 素敵な絵とともに良い思い出が出来
たんですね。私も登山と絵 実行するぞ^^ 素敵な絵ありがとう
ございます。

No title

こんにちは。

何時も楽しく描かれてる様子が伝わってきます
今日一日楽しい気分でいられます。

優さんの独特な色使いが楽しさや、優しさを
感じさせてくれるんでしょうね。


No title

素晴らしい作品になりましたね。

つくも(月萌) さん

きたー!ですか?笑)

嬉しいわ! でも残念ながら この写真は
息子がスマホで写しました (・・;)

私は iPadをリュックに入れ いちいち取り出しては
パシャパシャ撮影したので
転げ落ちそうになったり大変でした。

草紅葉が色づき始めて綺麗でしたよ。

山登りをする時の人間の姿は好きです。
ひたすら無心で、人間のありのままの姿に見えるから〜 ♪

takaさん

初コメありがとうございます。

この山は木曽駒ケ岳ですよ。
若い頃でしたら ガンガン行けますよね。

山小屋に一泊して 木曽福島まで走破したとは!
素晴らしい経験でしたね。

私は体力的に無理なので 拝むだけでしたが
瓦礫の山を越えただけでも嬉しかったです (・・;)

絵を見て下さり takaさんが
山と絵を描くきっかけになってくれたら
嬉しいわね。

トマトさん

山登りは 心臓が飛び出すかと思うくらいしんどいけど

今 写真を見て
凄く良い思い出が出来たなぁ!と思いました。

その時その時 一歩 一歩を踏みしめながら
高みに到達するのは山登りの 醍醐味でした。

人生もそうかも知れないわね。

今日一日 トマトさんが楽しい気分になってくれたら
嬉しい!描いて良かった!ありがとうございます〜♪

fuku爺さん

スケール感のある構図にして
色使いもたくさんの絵の具を使おう!
そう思いながら描きました。

山の楽しさが伝わって下さり嬉しいです。
ありがとうございました。

雄大な景色

優さん、こんにちは。
雄大な景色に感動します。
氷河が造り出したこの大自然を見事に描かれましたね!!
ゴロゴロとした岩や山肌、緑の多彩な表現がとても良いし、
遠近感も素敵です。
登山客のポーズにも気を配られているのが良く判ります。
色々な高山植物も楽しめそうですね。

mnsuisaiさん

私の 最近の風景画は石とか岩が多くなったと思いませんか?笑)


悪戦苦闘しながら 岩と石を描きました (・・;)
mnsuisaiさんに褒めて頂き頑張った甲斐があったわ。

写真の真ん中辺を登りましたが
後から登山客が来るので のんびりも出来ず
大変でした〜♪

No title

中央アルプスの千畳敷カール,
綺麗ですね。
北アルプスには、若き頃、行きました。
細かい景色は違えども、あのあたりのきれいさはここ関西では中々味わえません。
また、行きたいなあ!もう体力的には無理なようですが。

お千さん

若い頃に北アルプスに行かれた のですか?
なんと素晴らしい!

私は若い頃は全く山は駄目でしたが
最近山登りに目覚め
今日も長野県の山へ 登山しました。
日本百名山の20位の山が頂上から見え
もう!感動的!

日本は 思ってた以上に美しい国で
もっと色んな所を見てみたいな!
だから 体力のトレーニングに励もう思います。







No title

西駒(木曽駒のことを地元では西駒と呼びます)にも行かれたとのこと、千畳敷カールや急峻な宝剣岳などを満喫されたことお思います。、
西駒には7,8回ほど下の登山道(北御所コース、中御所コース、宮田高原コース)から重い荷物を背負って登ったことがあり、描かれてあるその景色は何度も目にした光景です。
高山から下方に見える駒ヶ根の遠望とその距離感、そして対面にある南アルプスの偉容も見事にとらえれてていて、まさに素晴らしい山岳画ですね。
私はそこからそう遠くないところに住んでいます。ロープウエー駅近くの名刹光前寺には毎年初詣に出かけます。
そして入笠山にも登られたんですね。私も一度だけ登ったことがあります。
富士山、八ヶ岳、そして南アルプスの山々が展望できたのではないでしょうか。

No title

名前を書き忘れました。前ページの記述はhiougiです。

Hiougiさん

hiougiさんは かなり登山の経験がお有りなのですね。

山の名前がパッと出て来るので感心してしまいます(・・;)
お近くにお住まいなんですね。

日本の名だたる名山がひしめき合っている街にお住まいとは
羨ましい限りです。

昨日は入笠山に登山しましたが 富士見市まで
片道四時間半 かかりました。


そんな疲れを吹き消す様な頂上からの景色は最高!
360度の大パノラマからは
今まで登った山に再び出会えて感激しました。

No title

こんにちは
山はもう冬支度でしょうか
優様のスケッチを見てそんな山の光景を思い浮かべています

Mokuzousiさん

千畳敷カールは もうスッカリ 冬の様相でしょうね。

もうすぐ雪が降ると思い
慌ただしく登山した事が夢の様です。

あの大口を開けたカールが
雪が降るとどんな景色になるのだろう?
そんな想像をして楽しんでいます。



No title

おはようございます

最後の2枚の写真
山と空の間が光の帯となって素敵ですねー♪

つくも (月萌)さん

再びのコメントありがとうございます😊

此の二枚の写真は 息子がスマホで写したものですが
スマホと言えども馬鹿に出来ない仕上がりでしょう?
私もビックリしています 笑)

私は 左の岩が巨人の横顔に見えてしまって
其ればかりを感心してました〜笑)

言われて見ればホント!白い線が綺麗ですね〜♪
肉眼では当たり前に見える景色でも
写真になると神秘的に見えるから不思議ですね。

No title

二万年前の氷河時代の遺跡ですか〜
太古のロマンですね。素敵!

険しい山岳も優さんの優しい目を通すと、
優しく出迎えてくれているような景色になりますね。

真ん中の写真、人の顔を持った山が横たわりながら、
遠い空を見つめているようで、
神話が生まれそう。
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク