FC2ブログ

十月の静物画



静物画のモチーフ選びは 苦手です。

7年以上もブログをやっているので
殆ど家の中のものは描いてしまった感じですし…(・・;)


今回は 唐津焼の花瓶と素焼きの器に挿した庭の小菊
裁縫箱として重宝している ブリキの缶を描きました。


裁縫箱の中にあった小ぶりでレトロなハサミや
花模様の生地のコロンとした針刺し

可愛いピンクの巻尺も アレもコレも描こう!笑)

しかし収拾がつかなくなり…構図的に整理したら
今度は構図が単調気味になってしまい (・・;)

結局 起死回生?で着彩を工夫しました 笑)





〜〜♪〜〜





旅先で 私の誕生日を娘夫婦がランチでお祝いをしてくれました。

向かった先は 唐津市内の商店街にある「寿司処 つく田 」

此のお寿司屋さんはミシュランの二つ星です〜♪

粋な感じの店内には 椅子が 7人分のみの 設えで

棚には唐津焼の美術品がさり気なく飾られ
出された 器も見事な唐津焼。

玄界灘で獲れた魚は鮮度抜群!
下ごしらえにも手間ひまををかけたのが頷けます。

口中に広がる ふくよかな味のハーモニー〜♪

食べた後に ジワジワと湧き上がる幸福感!
ナルホド!此れがミシュランの二つ星なんだ…。

ちなみに 唐津市内には40軒以上の寿司屋があり
鮮度抜群のお寿司を食べる事が出来ます。


お寿司を堪能した後は
近くの唐津焼のお店で花瓶を物色
夫は 此の絵の素朴な花瓶を購入しました。

唐津には 昨年も訪れ 高取邸を見学して
歴史浪漫溢れる文化に触れる事が出来ましたが

今回は時間の余裕が無く
名残惜しい気持ちで 福岡空港から無事帰途に着きました。

楽しい夏の休暇も無事終わってしまいましたが、
今年もイロイロとお世話になった
娘の夫君や娘には 心から感謝しています〜♪


拙い旅行記にお付き合い下さった皆様!
どうもありがとうございました 。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

優さん お誕生日おめでとうございます🎉
回ってないお寿司は、しばらく食べていません(笑)
幸せですね♪

深みのある作品は
優さんとともに歩んだブリキ缶のお裁縫箱、
ご主人が選んだ、素敵な唐津焼の花瓶
だから生まれた色彩ですね!

レトロなハサミも、コロンとした針刺しもよいモチーフになってくれそうです。また描いてください、見たいです😊



No title

こんにちは。

お誕生日おめでちうございます。

さわやかに描かれた小菊、花器や器に
良く合いますね。

そうそうブリキの缶捨てられなくてやっぱり
裁縫箱になってます、、、年齢と共に錆びてますけどね

このブリキの缶を描かれたのですね
感じがとても良く出てると思います

三日振りの晴れ間にベランダは洗濯の
花で色々色、、、秋ですね。

No title

いい旅でよかったですね、そしてお疲れ様でした。

試行錯誤された甲斐があって、よくまとまっている絵だと思います。

お誕生日の素敵なプレゼント、素晴らしい!
鮮度抜群のお寿司だなんて、なかなか食べられません。
ご家族の暖かな心が加味されて、美味しかったでしょう!

つくもさん

普段のランチは 私も回転寿司ですよ〜♪

娘が寿司や 生ものが苦手、 私は大好きなので
娘の夫君が 色々考えてくれたようです。

江戸前鮨っていうのかしら?
ネタが生っぽい感じはしなかったですよ。
江戸時代は冷蔵庫が無いですし
生ものが傷み易いので 美味しい食べ方を考え出したのかしら?
日本人の知恵には脱帽ですね〜♪

ブリキ缶は たまたま チェストの奥深く眠っておりましたのを
見つけ出しました〜♪

たまに整理すると思わぬ収穫が有りますね 笑)

裁縫箱の小物たちも 忘れ無いで 描かないとね (・・;)


トマトさん

普段は母の形見の裁縫箱を使っていますが
此のブリキの缶は 殆ど 未使用なので ピカピカですよ。

缶の絵柄や中身が相当気に入っているので
今後も眺めるだけでしょうね 笑)
今フト思ったのですが 私って相当なお子ちゃまですね 笑)

今日は久しぶりの秋晴れでしたね!
私もお布団を干したり
洗濯機も二度回して 大変でした。

庭の菊の花が満開なので 洗濯物を取り込みながら
主婦の醍醐味を満喫しました〜♪

お千さん

今年も元気に夏の旅行が出来た事に感謝しています。

旅先で足手まといにならないように
此れからも頑張って鍛えようっと! 笑)


普段は行けそうも無い高嶺の寿司屋ですが
娘夫婦の心のこもったサプライズでしたね…。

質感と高級感

優さん、こんにちは。
各々の質感が出ていて素敵ですね~!!
焼き物も良いですが、珍しい裁縫箱は高級感が有って高そ~(笑)
右の縦帯は意図的に入れていますか?

今回の長崎の旅日記、これで終わりとの事。楽しませて頂きました。
誕生日のプレゼンだったのですね!!娘さんも同じ誕生月ですか?

mnsuisaiさん

このお裁縫箱素敵でしょう?

実は お菓子の入っていた普通のブリキの箱でしたが
絵柄が良いなぁと思ったのです。
描き方が下手なので 伝わり難いかも知れませんね 笑)

嵐の前 暗雲が立ち込めて 沢山の鳥たちが巣から出て
大騒ぎしている絵ですの 笑)

画家はそんな筈では無い!と言うかもですね 笑)

絵の色彩が淡いので 絵を締める感じにしました。
平凡な静物画がモダンに見えるかも?

我が家は 夫も娘も 私も誕生月が近いので
近年は夏の旅行に合わせこんな感じになっています〜♪

No title

素焼きの器の素朴感、そして釉薬が流れる唐津焼の花瓶、時代感のあるアンティークの裁縫箱、それぞれの質感がよく出ていますね。テーブル(棚?)と背景(壁?)の色彩表現もモチーフに呼応するかのように落ち着いた色調でまとめてあっていいと思います。

ジョウビタキは毎年やって来てくれます。
寒くなった北の大陸から、どうやってこの小さな鳥が渡ってくるか不思議です。
3月頃までは、朝早くから毎日そのツッツッツッの声を楽しませてくれます。
時々、畑仕事をしているそばに来てくれたり、人なつっこい鳥です。

No title

唐津焼は如何ですか?

でも唐津は、とても良いところでしたでしょう。

hiougiさんですね?

水彩紙が絵の具を全部吸い取ってしまう感じで
花瓶は5、6回塗りました。
本物の重厚感に近づくには もう一歩かなぁ…と。

今回の絵は家族が珍しく褒めてくれまして
それにhiougiさんにまで こんなに褒めて頂いたので
只今有頂天になっております 笑)

孤独に描いておりますので とても 勇気づけられています。

ジョウビタキが今年も飛来してくれたようですね。
北の大陸からはるばると…。

それにしても あの小鳥の
何処にそんなエネルギーが潜んでいるのでしょう!

畑仕事をする傍らに遊びに来るのですか?
温かで 優しい時間が流れて行く様ですね〜♪

fuku爺さん

唐津は大陸の玄関口として栄えた
旧い街並みにも魅力が有りますね。

fuku爺さんが その街並みを素敵に描いてらしたので
とてもお勉強になりました。

唐津焼の花瓶は 見れば見るほど
趣があって好きです。

人間はやがては土に還りますが
こんな土だったら本望でしょうね 〜♪

こんばんは

初めてコメントさせて頂きます。


栃木にもお越し頂き有難うございます。

ごくしげさんのブログから訪問させて
頂きました。
ごくしげさんの近況が気がかりですね。

Ichanさん

おはようございます。

初コメ、どうもありがとうございます〜♪

今年は 栃木のスッカン沢に行く予定でしたが
台風の影響で叶わずじまい でも、来年は是非行きたいです!

ごくしげさん ホント!どうしたのでしょうね?

子供の頃 母から
「 ミョウガを食べると 全てを忘れ去ってしまう」と
聞いた事が有ります。
もしかして! ミョウガのお寿司を食べ過ぎたのかしら?

記憶が戻って又 ブログを復活して欲しいですね!


No title

おはようございます♪

ブリキの缶の裁縫箱 これ良いわね
こういう物大好きです

唐津のお寿司屋さん 美味しかったでしょうね
ちゃんとしたお寿司屋さん 最近減ってきてるのね

回転寿司に押され気味 お高いところから100円
色々ある物ね

はやとうりさん

パソコンが治って良かったですね〜♪

ブリキの缶を見ると 何故か子供の頃を思い出すわね。
中のお菓子よりも 缶が欲しいの よね 笑)
電車の絵柄の缶も有りますよ。

お寿司は大好きなので
三島の回転寿司を食べに行ったりします。
お店によってはかなり お値段とかに差が有りますね。
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク