FC2ブログ

眼鏡橋 長崎にて

IMG_287220171019.jpg


気が遠くなる様な石ころの数で (-。-;
これを描かないと周りの雰囲気が伝わらないと思い
頑張ってひたすら描き入れました。

石が同じ形にならない様にと ただひたすらに…
途中で 放り出したくなりました (・・;)


〜♪〜〜


五島列島を出港して長崎港へ着きました。


レンタカーは 長崎港の直ぐ側のパーキングに一泊したのですが
船の乗船券を提示したら料金が安くなったそうです。

その後 長崎カステラを売っている松翁軒へ。

此のお店のカステラは 都心では余り売って無いので
娘は どうしても欲しいと申します (・・;)

江戸中期の創業なので 300年の歴史が有るとか…。

そういえば 、先日テレビ見た葛飾北斎も
カステラを食べていましたし。笑)

店内には、歴史的な美術調度品が飾って有るので
お洒落なギャラリーといった雰囲気です。

冷たいお茶とカステラのお持てなしに
ついお財布の紐が緩んでしまいそう!

此の季節限定の栗入りのカステラを数箱買い込んだら
腕がズシリと重くなってしまいました〜(・・;)

店を出て 通りに出ると長崎くんちの祭りが近いのか
良く通る声のお囃子やら山車にも出会え
ホットな祭りをチョッピリ感じる事が出来ました。

そして 可愛い路面電車をカメラで追っかけたり…。

その後 写真撮影の為 日本初の石造りのアーチ橋へ。

江戸時代は寛永11年に作られた レトロな美しい眼鏡橋です〜♪

両岸の石垣に キチンとはめ込まれた小石も綺麗で
日本人の美意識の高さと技術の確かさに感動しました。

IMG_153520171019.jpg

IMG_148120171019.jpg

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます♪

何と綺麗な色彩ですね~~
石ころの数半端じゃないわね
途中で 放り出したくなりました  
石垣も入れたら半端じゃないわね
私も嫌になる 描かないけどね(笑

長崎くんちの予行練習のような物見れたの
良かったね 雰囲気だけでもね

いい長崎の旅

眼鏡橋、素敵に描かれています。
石ではご苦労されたようですが、いい仕上がりですよ、やっぱり楽をしては、ですね。
写真もいいですね。夜景もきれい。
芸術一家ですね!

日本人の美意識の高さと技術の確かさに感動しました。
これはどこに出かけても思いますね。
日本人はすごい!
気持ちも優しいしね!

No title

こんにちは。

石ころも、ちゃんとちゃんと描いてもらい風景に
とけこんでる様に思います素敵です

次の目的地は?、
どんな出会いと風景が?

なんだか私まで旅してる気分に
させてもらってます
もう少し長崎がみたいです。

写真素晴らしいです。

はやとうりさん

こんなに沢山の石ころを描いたのは初めて 笑)

丁寧に埋め込めれた石垣がとても綺麗でした。
長崎は石畳の道も有名ですね。

石は全部を描けば良いのでは無くて
ホントは上手く省略して
石が存在する様に描かなければならないの(・・;)

自分の課題が見えた作品でした。

長崎くんちのお祭りの予行練習は 凄い迫力が有って
魂が浄化される様な気持ちがしました。
練習であれ 雰囲気に浸れて良かったです。

お千さん

石ころもイッパイ描くと それなりに美しく見えるかな?
そう思ったので頑張りました。

こんなに沢山の石は何処から運ばれたのかしら?
眼鏡橋はかなり古いので
お城の石垣作りを応用しているのかも?
なんて考えてたら 意外にも楽しい時間でした。

最近 外国の方々も多勢見えられますが
余り迎合せず 日本の美しさ 人情の細やかさを失って欲しく無いですね。

根気強く

優さん、こんにちは。
訪問すると見慣れた画面と違ったので
間違って他の方のブログに訪問したかと思いました!!

確かに、これだけの石を描くのは大変ですね!!
しかし描かないと他に表現のしようが無いのでしょう。
手すりも根気強く描かれ、この絵は「努力賞」(笑)
川面の写り込みが抜群に上手いので最初に目が行き
その川の中の男女の人物が良く効いていますね!!
次に目がいったのは川に魚?

トマトさん

石ころがちゃんと風景に溶け込んでいますか?
嬉しいわ〜♪

本音を言うと 路面電車を描けば良かった!
なんて思った事もあったわ (-。-;

長崎は此のシリーズでおしまいですが、
此の後 唐津に行きましたよ。

唐津は滞在時間が短くて〜でも美味しい物を食べました。
其れは又次回にね〜♪

mnsuisaiさん

実は此のブログの絵は 差し替えていますがお気づきですか? 笑)

朝びアップしたのよりも 状態が良くなった?かしら?
そして ついでに 少しリニューアルしました (-。-;
慣れれば此方の方が見易いかと思います。

石ころはイッパイ描いたので 当分描きたく無いわね 笑)

エッ?努力賞ですか? 其れは其れは 有り難く頂戴仕りまする 笑)

川には鯉が泳いでいましたよ〜♪

No title

こんばんは
新しいテンプレートはギャラリーみたいで良いですね(^-^)/

スケールの大きな絵をしっかりと支えてるのが、手抜きのない石たちなんですね。
スマホなので指で大きくして見ました。
お見事です!

写真作品、うれしい♪
夜景にうっとりしました。

つくも 月萌)さん

ワンチャンの具合が良くなった様ですね。
水も自分で飲んだのなら もう大丈夫そうですね。
ペットも我が子同然ですもの、心配したでしょう?

石ころは単調に描き易いので それなりに大変だったわ 笑)
つくもさんから 好感度高いコメントを頂き有頂天の私です。

二枚の写真は夫から 拝借しましたが 喜んで頂けたので
夫に伝えておきますね 〜♪

絵が霞むかな? 笑)

No title

旅行しても常に絵の題材を頭に描きつつ景色を見ているんですね。きっと目を遣ればすべてが絵描きの視点になるのでしょう。
そして構図を考え、角度を切り取って、人物の配置や、見えるものから取捨選択して消去や強調、単純化しつつ再構成して表現する。
そんな感じをこの絵から受けました。労作ですね。

柿は3本あり、今回収穫したのは甘柿の富有柿です。
同じ甘柿で富有柿より大きめの次郎柿もほとんど採り終えました。
親戚に送ったり、近所の皆さんにお分けしています。
後一本はそれらより少し小さめの渋柿で、これを干し柿にします。
我が家もいろいろな実りの秋を迎えています。

hiougiさん

今まで色々な観光地を訪れたのですが
絵に描いた場所は鮮明に思い出せますが

頭の中で直ぐ絵に描くのに没頭してしまい
後は上の空と言ったところです。


旅行に行っても 常に構図ばかり…。
心から風景を楽しむ気持ちの余裕が有りません。
ご理解頂きとても嬉しく思いました。


もっと心に余裕を持ち せっかくの 風景ですから
愛でたいと思います。

hiougiさん宅の 柿が今年も豊作でしたね。
木守り柿が優しさと絵になって 日本の秋の原風景ですね。

我が家も食卓に大きなガラス器を設え
柿やリンゴやミカンなどの果物を入れて秋を楽しみます。

絵にはなるのですが 家族が果物が好きなので
みるみる果物の山が崩れてしまい
毎日修復に忙しいですよ (・・;)


アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク