FC2ブログ

魚釣りの少年たち 五島列島にて



五島列島のお土産屋さんで塩ソフトクリームを堪能したり
娘はお土産用に特産の塩をたくさん買い込み
夫も身体に優しい塩や綺麗な夕日の絵葉書を買いました。

車に乗ると夫は絵葉書を穴の開くほど見つめ
此の撮影場所をどうしても知りたいらしい!

せっかく五島列島迄来たんだし…。
そんな切ない気持ちに応えるべく

私たちも 絵葉書の場所を探して
コッチか?イヤ!アッチかも? 笑)

半ば躍起になりながら車を進めて行くと
何やら其れらしきスポットが…。


紅い灯台のある海に突き出た防波堤で
少年達が釣りをしています。

娘の夫君に車を止めてもらい 夫はカメラを 片手に
その少年達のいる方に向かいました。

1キロは有るような長い防波堤…(・・;)


嬉しい事に!少年たちは 日に焼けた明るい笑顔で
挨拶をしてくれたのです。


どれどれ?とバケツを覗くと釣りの成果が数匹
此れはどうするの?放しちゃうの?

母ちゃんにやるんだ!

モジモジ言う処が可愛い〜♪


夫は やおら先ほど買った 絵葉書を取り出し
此処は何処から撮影したのか分かる?
何て 矢継ぎ早に質問している。

彼等はとても素直な良い子達で
丁寧に教えてくれたのでした〜♪

勿論!夫は 後で素敵な夕景が撮れたようでした (-。-;


そして 翌日の日曜日の朝は 五島列島ともお別れ…。
船に乗るべく奈良尾港へと向かいました。


島へ来た時は シーンと静まり返っていたのに
どの教会も扉が開け放たれ 温かな空気感が漂い
日曜ミサが行われているようです。

私たちは祈りの島に別れを告げ
長崎港へと向かいました。

20171012shashin.jpg

五島列島の夕日の写真は夫の提供です。
疲れていたのに このスポットに同行してくれた
娘の夫君に感謝します。


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます
海の光がきれいで空気の住んでいる様子がいいですね
ご夫君の撮影された夕陽
綺麗です
私もこんな写真を撮ってみたいものです

No title

おはよう♪

わ~~ぉ 大好きな海の絵だわ
色の濃淡が描かれていて素敵よ

田舎の子供達って素朴で可愛いよね

最後の夕日の写真 嫌なこと忘れそうね 

No title

うわぁ~夕日!!!

まずは絵から(笑)
少年たちに動きがあって、とても楽しく素敵な絵です(^^♪
斜めにした堤防の構図が、奥行きを生み、海の広がりを感じさせてくれたように思いました。


夕日、赤くやけていいですね~
絵と写真で2倍、いえ2の2乗、4倍以上楽しみました(^^♪
ありがとうございます!
娘さんの夫君さまにも

mokuzousiさん

五島列島は海も空気も澄んで綺麗でしたよ〜♪
いつもはノッペリと塗り込む海

今回は海を3色で 塗り分けたりボカしたり
グラデーションで深みを増すようにしました。

夫の撮影した夕日が
今見ても渾身の一枚に思えます (・・;)
皆さんの協力と思い遣りの一枚でしたね。

はやとうりさん

此の絵を描きながら
はやとうりさんの子供時代を想像していました。

確か海育ちで 遠泳もお得意だった様な気がします。
子供の頃に想いを馳せて頂けたら嬉しい!

夫の撮影した夕日を眺めて楽しんで頂けたら良いな!

つくも (月萌)さん

日本画や写真撮影に造詣の深い つくも (月萌)さん。

先ずは絵からご覧になっての感想嬉しい!です〜♪

奥行き感の有る構図を ずっと考えていたので嬉しいわ。
ヤッパリ!構図が決まると嬉しいのは
写真も同じでしょうね。

今回 初めて夫の写真をご覧になったのでしたね。
太陽信仰?かと思うくらい
夫は夕日や朝日を撮るのが好きみたいですよ〜♪

夫とのコラボで 私の絵が霞んでしまいそうな気がするわ 笑)

No title

素敵な五島列島の絵と、子供たちの暖かい素直な気持ちに癒されますね。
ちょっとした出会いでも和みます。

ご主人の夕日の素敵な写真も、いい感じです。
疲れが薄れてゆくでしょう!

釣り人

優さん、こんにちは。
良いアングルで素敵な景色ですね!!
海の照り返しを良く捉えられ、その中の紅い灯台が
アクセントになって一番に目が行きます。
護岸のコンクリートの質感が抜群に良い。
そして、自転車を入れた所がみそですね!!
自転車が有る事で、ただ釣りを楽しむ人物では無くなり
近くの人たちが楽しんでいる生活感の様なものを感じさせます。

ご主人の写真初めての公開・・・すご~く素敵です!!
優さんの良い教材になりますよ!!

No title

こんばんは。

赤い灯台絵になりますね、光や影、海の青さまで引き立てて
くれる風景素敵です

子供たちの動きがメッチャ楽しそうに描かれてるようにみえます


何時も楽しそうな御家族の様子が絵にも
現れてるように思います


旦那さまの写真次回も楽しみにしてます。

お千さん

旅に出て その土地のヒトとお話しするのは楽しくて。

長崎で出会った男性は 昔 茨城県の 今 私が住んでいる街で
働いていたそうですから ご縁って不思議ですよね。

この少年たちとの出会いも 何時迄も記憶に残るわね。

夫の夕日の写真良いですか?夫も励みになるわ、
どうもありがとうございます。

mmnsuisaiさん

此の絵は空のタッチと護岸のタッチを工夫したり
海の波は筆跡が残る感じにしたりしました。


マスキングはボテボテするので使わず
両面テープを貼って遠くのコンクリートのシャープ感を出しました。
此れは簡単でマスキングより経済的ですね〜 笑)

ヤッパリ自転車を入れて良かったかしら?
生活感ですか?ナルホド!そうかも知れません。

夫も写真の腕が上がり
お互い喧嘩にならない様な感想を言っています(-。-;

トマトさん

紅い灯台を見かけた時は嬉しかったですよ 笑)

しかも 魚釣りの少年たちもいる絵の構図が
既に出来上がっているじゃない?笑)

構図にほ作品の大半を費やするので、
旅に出て苦労した甲斐が有ったと思います。

夫は次回も写真をアップしてくれると嬉しいのですが…。
ランチをご馳走すれば何とかなりそうよ 笑)

No title

私は五島列島に行ったことはありませんが、少年たちが魚釣りする長閑な風景に旅気分を味あわせて頂きました。
光る海と島影を映す水面のコントラスト、そして微妙に色の変化を見せる空の表現がすてきです。
雨蛙は私が作業する間、ずっとその場にいてくれました。
可愛かったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

hiougiさん

島影が画面を二分する様にして
ダイナミックさを出して見ました。

海と空のタッチやグラデーションを変えてみたのですが
嬉しいコメントをありがとうございます。

私たち夫婦だけでは 普段は思いもつかない五島列島への旅ですが
娘のリクエストで行ってみて良かったと思いました。

とても面白いカエルの写真をアップされていましたね。
白黒の模様がモダンで 脚の吸盤も力強く
ポッチャリとした体型にも魅せられました ♪

最近我が家の庭にもカエルが増えたのですが
実物との対面は自信が無い様な気がします。

おはようございます。

コメントをありがとうございました。
溝蕎麦、はい、仰る通り秋の川辺に咲くかわいい野の花です。
一面の花の上を虫たちが楽しそうに遊んでいます。
しかし、すごい繁殖力なので申し訳ないですが刈り取ります。
信州はそばどころ、近辺にも蕎麦畑がたくさんです。「高嶺ルビー」とう真っ赤なソバもあり、多くの人が訪れています。

hiougiさん

再度のコメントありがとうございます。

蕎麦を刈ってしまわれるのかと思いきや 溝蕎麦は
野の花だったのですね。
高嶺ルビーもどきの綺麗なお花なので勘違いしそうです。

先日 此方地方の白い蕎麦畑のスケッチと撮影をして来ました。
最近 蕎麦畑や麦畑が増えて
日本の農業も変化しつつある様ですね。

それにしても 高嶺ルビーの蕎麦畑の美しさ!
想像するとワクワクします〜♪

No title

いろいろと旅をされましたね。
私も若い頃は出張で五島に良くいきましたので、
奈良尾と聞き懐かしく思いました。

fuku爺さん

お若い頃 お仕事で 良く五島列島に行かれたのですね

とても綺麗な島ですね。
あご出汁うどんを食べられなかったのが
今でも悔やまれます。

そして新鮮なイカでビールを飲みたかったのですが
其れも叶わず
滞在時間がもっと有ったら!と思いました (・・;)



アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク