FC2ブログ

ノウゼンカズラの咲く季節



今頃の季節 ご近所の家の前を通ると
緋色の塊が風に揺れています。

容赦なく照り付ける陽射しを物ともせず

鬱陶しい雨の日には 心の中がパッと明るくなる様な。

エネルギーに満ち溢れた若い頃は
緋色系のお花が苦手だったのに
最近は好きなお花になりました。

年々失せていく心身のエネルギーと潤い、
お花から恩恵を頂いています。


昨年の今頃 飼い犬の「バロン」は
未だ元気にお散歩していました。

「このリードの先には 俺が居るんだよね 」

夫に絵を見せたら 涙ぐんでいるようでした…。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

《このリードのさきには、.》
もらい泣きしてしまいました。

ノウゼンカズラは姉の家に大きな木がありました。
元気がでる色ですよね♪
絵を見てると心のなかに、伸びやかなノウゼンカズラがあらわれました(^-^)
この少女のようにみあげて

No title

逝ってしまった子は何年たっても忘れられません。
思い出を取り出して、またしまう。
何度繰り返しても、薄れることはありません。
何度も思い出すことが逝った子への供養かもしれません。

つくもさん

おはようございます ♪


コメントの返事が遅れてゴメンナサイね。

昨日は白馬へ行って来ました。
朝四時出発!帰りは事故渋滞に巻き込まれ〜(−_−;)

お姉さんのおうちにもノウゼンカズラが有ったのね?
夏になるとその光景が想い出されるのでしょうね〜♪

思いを込め

優さん、こんにちは。
この絵は童画の世界の様な、いろんな思いが込められ
ホッコリとした気持ちにさせてくれますね!!

この花一つ一つは柔らかさを感じる緋色ですが
大きく育ち塊になると、ひときわ目を引きます。

リードの先にはご主人!!だとすると、傘を差して先に歩く人は?
優さんって事になる(笑)・・・バロンと一緒の若き時の優さん(笑)
家族の一員であったバロンは初盆を迎え、この絵の中で帰ってきたような気がします。

お千さん

おはようございます〜♪

コメントが遅れてごめんなさいね。

昨日、1日の半分は車中でした〜😅
まだ頭の中がパープリン状態です。

お千さんも哀しい過去が有るのね…。

mnsuisai さん

こんにちは〜♪

今日はお絵かきサークルのお当番で
朝からバタバタしてました。

鍵を開けたりエアコンで部屋を涼しくしたりして
皆さんをお待ちします。

然し、絵を描く人は一人も居ません〜笑)
みんなお喋りに夢中!(・・;)

コメを見て mnsuisaiさんは 生徒のやる気を引き出す
良い先生なんだろうなぁ!と思いました。
頑張って下さいね〜♪

No title

凌霄花の下で愛犬と共に雨傘を差して見上げるあどけない少女。
私の好きな“いわさきちひろ”の絵を思わせる一枚です。
もしかして、幼い頃の優さん?
北アルプス国際芸術祭はたくさんの刺激のな中、感動に満たさました。
夏の信州はいかがでしたか。

hiougi さん

こんにちは〜♪

この絵の中の女の子は友人のお孫ちゃんです。

都会っ子らしく無い 素朴な感じが
モデルとして此れは行ける!と〜笑)

以前から彼女をモデルにした構想を練っていて
今回登場して頂きました。

いわさきちひろは 大好きな画家さんなので
私なりのオリジナリティをもっと出せたら良いかな。

長野は日帰りで 高山植物に逢いに行って来ました。
この時期にしか出逢えない 清らかなお花たちに癒されました ♪

北アルプス国際芸術祭の作品群は素晴らしい!
今回見れなくて残念無念です…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは〜〜♪

鍵コメさんは とても豊かな感性をお持ちですね。

私が今まで辿って来た道中で 置き忘れてしまった
大切な心を持ち続けています。

私の故郷に似た風景 子供の頃に眺めた風景
多感な少女時代の記憶を呼び覚まして下さり、
深く心が揺さぶられます。

暑い日が続いておりますが どうぞご自愛下さいね。

バロンへの優しい慰めの言葉をありがとう!

No title

大きな傘にダボダボ雨靴の幼い少女、
大きな白い尻尾を振るバロンちゃん、
美しい思い出は人生の宝物ですね。

artkazuko さん

たくさんコメントを頂戴して
嬉しい悲鳴を上げております 笑)

そうですね!日を追うごとに
思い出が宝物になって行きますね。

もっと! 今日1日を丁寧に大切に送りたいと思います ♪
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク