牡丹



アヴァロン水彩紙 F 6号 中目 300g


牡丹を庭でスケッチ後、
夫から切り花のOKを貰って室内で着色しました。


お花の形状が、どんどん変化して迫って来る感じで、
目眩を覚えます。


前回の絵は、色々な絵の具を使った筈なのに、
出来上がりが単調な仕上がりで凹みました。

「水彩紙が絵の具を全部吸い取る〜〜!」
何んて!画用紙に八つ当たりしてみたり…。

今回は 絵の具の種類を少なくして、
濃淡で深みを出しました。



明日、娘の夫君とゴルフをする夫が、

「明日のゴルフウエアーはどっちが良い?」

白色系とブルー系のシャツを手に持って、
牡丹の絵と格闘中の私に聞いてきました。


「どっちだって、似たようなものじゃない?」
少しムッとしながらシャツを睨んだ。

夫は、キャンバスに立て掛けたピンクの牡丹に
目を見張って、

「決まりだ!明日はピンクだっ!」…ƪ(˘⌣˘)ʃ

ルンルンしながら出て行て行きました〜♪


結果は、落ち目だった
ゴルフのスコアが元に戻ったそうです…。





〜〜♪〜〜



今年も、我が家の庭に牡丹がたくさん咲きました。

赤紫色の牡丹が30輪、白い牡丹が10輪ほどで、
ピンクはたったの2輪だけ。

「清楚なお花は追いやられ
何だか人間の世界に似ているね…」


この刹那を逃すまいと
夫は、カメラを片手に庭に飛び出していきます。


甘い匂いが部屋の中にまで漂い、
気分も華やぎ、庭でお茶をする事にしました。


傍では、「猫メイ」が「ビュンビュン!」と走り回り、
「ニャンコ」だって!キット!嬉しいのね。

「メイ」のオヤツは鰹節…。


そして、私たちのおやつ…。

娘が都心のデパートで買って来た
大福餅を頬張りました。

「ヤッパリ!東京のデパートの大福は美味しいわ!」


その後ランチも庭でやったら、
何時もよりずっと美味しい!

お花や青葉が、眼のご馳走にもなり、
たまには食卓を移動させるのも、
良いものですね 〜♪

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

見慣れているから

優さん、こんにちは。
牡丹、素敵ですね~!!
柔らかさと複雑に重なり合う花弁が良いですね!!
上手く色を乗せグラデーションが綺麗。シベの特徴も抜群!!
右端に追いやられ後ろを向いた1輪は、
他の2輪の綺麗さに拗ねちゃいましたかね?(笑)
この後ろ向きが有る事で絵に奥行きを感じさせます。

庭に赤紫色の牡丹が30輪、白い牡丹が10輪とは!!凄い!!
見慣れているから絵も素敵に描けるのでしょうね!!
それとも大福餅を頬張りながら描いたからかな(笑)

mnsuisaiさん

こんばんは〜♪

毎年描いている牡丹ですがヤッパリ!難しいですね。

花弁を描いていると、
お花も生きているので、みるみる姿が変化していくので
もっと、デッサンを手早くやらないとダメだわね。

絵の具の数を少なくして、
濃淡で描くと品良く?描ける様な気がします。


今日牡丹園に行きましたら、牡丹に詳しい男性曰く、
色の薄い白い牡丹やピンクの牡丹は 、
紫系の濃い色の牡丹よりも、4倍もの肥料を与えなければ
花数が少なくなってしまうらしいです。

我が家は均一に肥料を与えていたので
年々、白やピンクの花数が少ないことが判明しました。

ですから来年は、もっと素敵な牡丹の絵を
描けそうな気がして来ましたよ。

No title

こんばんは♪
透けるような牡丹の花びらは濃淡で描くのもいいですね。
墨彩画だと薄い絵の具を筆にたっぷりつけて、先に濃い色をちょっとつけて筆の中で濃淡を作って描くと教えてもらったことがあります。
水彩では濡れた紙に描いていくのですか?
お庭に沢山の牡丹があるなんてすごい(^^)

つくもさん

おはようございます〜♪

私、スッカリとゴールデンウィークモードに突入状態です 笑)
コメントのお返事も、遅れ気味でごめんなさいね。

書道をやっている友人から
その様な技法を用いた作品を拝見させて頂いた事があって、
絵の世界観を感じました。


私の場合は、水彩紙を濡らしながら描きます。
ティッシュで、余計な水分を拭き取ったり
濡らしたり、七面倒臭いなぁ!なんて想う事も有って…。

紙ってかなり水分を吸い取るんだなぁ!なんて改めて
感心したり驚いたりするこの頃です。

昨日は 150歳の牡丹の花を見て来ましたよ。
既に散ってはいましたが、
美人薄命ではないのかも?笑)

No title

山吹を見るといつも思い出すその古歌は、中学生の頃母が教えてくれた太田道灌の逸話の歌です。
優さんの家にはたくさんの牡丹が咲いているんですね。
それをまた絵にする…豊かに優雅に過ごされている様子を頭に描いています。
牡丹のやわらかな花びらと気品溢れる容姿が見事に表されています。

No title

優さん おはよう♪

綺麗な牡丹見事だわ 素晴らしい!!

>「明日のゴルフウエアーはどっちが良い?」
殿方はこう言う質問をしてくる どっちだって良いわよね(笑

猫のメイちゃんは自由で良いわね
我が家のだい坊は家から出さないのね 危険だから(笑

車は通るし野良さんが沢山いるの

お庭でランチ 気分は確かに変わる =^-^=

hiougi さん

おはようございます〜♪

今年の牡丹は濃い紫が圧倒的に優勢でしたが、
肥料のやり方を間違えていたらしいです 笑)

余りにも美しい牡丹の花と
格闘しながら描いたので、とても疲れました (・_・;


蓑を貸してくれと言う太田道灌に、
ひと枝の山吹の花を差し出すとは〜 ニクイわね〜笑)
理知的な素晴らしい女性!

そして解らない事を 素直に家臣に聞く太田道灌も
素晴らしいですね。

hiougiさんのブログを訪問すると
私も、少しは賢くなる感じがします ♪

そして、自然と対話する人に私もなりたいと思います。

はやとうりさん

おはようございます〜♪

今年の牡丹は赤が優勢でした〜笑)

今は白い牡丹がチラホラと…。
庭の一角の、真っ赤な皐月が焔のように燃え上がって!
もう息苦しい感じよ〜笑)

毎朝着る、背広やネクタイやらワイシャツ、
それらを全部選んであげていたのも ほぼ卒業…。
今は月に二、三日の出勤なので、凄くホットしています(−_−;)

服を選べなくしたのは 妻の責任かもと反省中〜笑)

だい坊くんは プリンスですよ。
プリンスは外に出してはダメです!

メイは庭が自分のテリトリーだと思っていて
必死に守っているようです。

でも、ドロボー避けにはならないわね〜笑)
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード