お花見にお相撲さんがやって来た!



今日も 又 朝から生憎の雨。

花見もせずに「此の儘むざむざと、花散らしの雨になってしまうのか?」

そんな意気消沈しているところへ、スマホが鳴った。

「ネェ!今 何処に居ると思う?例の「桜の学園」よ。
でも、人っ子ひとり居ないの…。」

「エエッ?行ってるの!雨降ってるんでしょう?」

桜は 八、九分咲きとの事、
わざわざ電話を下さったご夫婦に感謝した。



毎年 花見に行く この学園の桜は
この辺りでは とても人気度が高い。

旧女学校の面影が残る校庭に立つと
学生時代が蘇り、センチメンタルな感じになるのだった。



学園に着く辺りから 空はスッカリと晴れ渡り
正に花見日和だ!

だが花見客はチラホラと、少し拍子抜けはしたが、
開花したての桜の花をスンスンすれば、
気分が晴れやだった。


「然し 人混みも嫌だけど こうも閑散とした花見も寂しい。」


其処へナント!丁髷を結った お相撲さんが、
二人登場して来たのである!


「ヤヤッ!?若いお相撲さんだ!」


校庭は一気に花見らしくなった !🌸


此の近くに相撲部屋が有るらしく、
考えてみたら 「稀勢の里」の実家も近い筈だ。


「ヤァ〜!君達 今 巡業中じゃ無いのかい?」夫が聞けば

「巡業に行かない人って 割と居ますよ。」

「ヘェ〜!?結構自由なんだね!」

でも、見るからに未だ10代の男子だ。

親元を離れての稽古は、ヤッパリ辛いだろうし、
桜を見ながら、故郷を偲んでいたのだろうか。



思いがけ無いお相撲さんたちとの出会いで
楽しいお花見となった。

「あゝ!一緒に記念写真を撮るんだった!」


「今日の絵」

学園の校庭の正面に、女の子の立像が有って
以前から気になっていて
その彫像を叙情的に描いてみました。


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

時の流れ

優さん、こんにちは。
タイトルで、桜とお相撲さんの絵を想像しましたよ!!(笑)

彫像を叙情的に・・・素敵な仕上がりですね!!
命の短さ儚さを風に散る桜に例え、風を強調し時の流れを感じます。
そして、少女の足元の黄色が少女に当たる希望の光を思わせますね!!

「学生時代が蘇りセンチになる」この少女に優さんの女学生姿を重ね、
懐かしき青春時代を思い起こされましたか・・・

桜の白抜きはマスクで頑張りましたか?桜の花芯も根気よく!!
少女の髪の陰影がとても良いですね~!!
この髪型は優さんと同じなのでは?(笑)

No title

こんにちは。

幻想的な絵で好きだなぁーとながめて読みすすめてましたら、
なんと、
「稀勢の里」がでてきてびっくりしました(笑)

相撲のことはよくわかりませんが、
(大学では野球部のマネージャー兼スコアラーでくわしいの♪)
何も使わず体ひとつで勝負する世界はすばらしいと思います。
稽古など厳しい世界なんでしょうね。
記念写真みたかったなー

mnsuisaiさん

こんにちは ♪

ハイ!ドッキリを仕掛けてみました〜笑)
最近物騒な話題ばかりなので
楽しく笑って頂けたら良いかなぁ!何て思っています。

満開の桜を眺めていると 哀しみに襲われてしまいます。

栄華の絶頂から散る儚さへ 、人生を重ねてしまうのかしら。

桜の咲く光景が 母校の雰囲気に似て
思い出されます。

髪型は 彫像の髪型がこんな感じでしたよ。

フェイスラインをスッキリ見せるので
トライしてみたいわね。♪

つくも (月萌)さん

こんにちは ♪

本当は人物画に挑戦し無ければいけないのですが
気が弱いので〜描けません。

人間を直視するなんて 恥ずかしくて出来ないのです 笑)

野球部のマネージャーをやってたしたの?
凄い!カッコ良いわね。

フレンドリーでガンガン行くところなんぞ!
納得いく感じがします。

我が家は 稀勢の里の大ファンですよ。

過去に何度も悔しい思いをしたので
血圧が高くなって身体に悪いなと。

ようやく報われ ホットしていますよ 笑)

茨城県は米どころなので
ご飯をたくさん食べるお相撲さんにはピッタリ!
の土地柄かしらね。

ホント!記念写真撮りたかったわ!
将来横綱になれるかも〜。
其れまで長生き出来るかしら〜笑)

No title

こんばんは

桜の樹のしたの少女
・・・・良いですね
昔の学校は雰囲気がありますね、その上に桜、今度「青い山脈」が放送されるそうですがそんな雰囲気でしょうか

女学校とお相撲さんの取り合わせもまた乙なものかと

mokuzousiさん

こんばんは 〜♪

満開の桜を見上げていたら
桜の妖精を描いてみたくなりました。


青い山脈の映画は見たことが無いのですが
青い山脈の歌は聞いたことがありますよ。

爽やかな感じの歌でしたよね?
多分 映画も青春物なのでしょうね。

私の高校は バルコニーや螺旋階段のある
雰囲気のある素敵な校舎でした。

其れが 白蟻が出たとかで 全員
無味乾燥な男子校に引っ越しさせられたのですよ。

大好きな校舎が取り壊され 今でも悔しさが残っています。

ですから この校庭の桜が
高校生だった当時を思い出させてくれるのです。

No title

コメントをありがとうございました。
ジンチョウゲの香りと花は母の思い出が蘇ります。
持って行った時、手にとって嬉しそうな顔をしていた亡くなった母を思い出します。
白花の沈丁花も咲き出しました。

まるで物語の1頁のような若々しいメルヘンチックな絵、素敵です。
そしていい日和のお花見にお相撲さん…、その光景が目に浮かんできます。
私は家花見を楽しんでいます。

hiougiさん

こんにちは。


沈丁花のエピソードが、お花を見るたび
素敵な思い出として蘇りますね。

あの香りは 、特に印象に残る香りですね。
私も大好きなお花です。

白い沈丁花は、未だ見た事が無いので、
咲いた折、ブログにアップして下さったら嬉しいですね。

稀勢の里の頑張りで 最下位だった
茨城県のイメージが上がりそうで、期待しているのですが。

お家でお花見が出来るなんて最高です。
今年も 素敵な春を迎えられていますね ♪
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード