画家のアトリエ



水戸近代美術館の庭に
中村彝のアトリエがありました。

本物は新宿区で 維持管理していますが
復元したこのアトリエアだって風情があって素敵 ♪

「こんな素敵なアトリエで絵が描けたら良いなぁ!」


でも 建物は可愛いけど 木が多すぎて
全体像が見えない…。

そこで 今回も 天下の宝刀!画家?の権利を行使 ?
木々をスッキリさせ 建物の全体像を描きました。

中村彝の生涯を考えながら描いたら
絵が 暗くなった気がするけど
雰囲気的に此れで良しとします。


画家さんは 良いパトロンが見つかれば良いけど
絵で食べて行くのは 大変そう。

そんな憂いが漂っている様な…(^_^;)




〜〜♬〜〜


茨城県近代美術館で開催されている
東山魁夷唐招提寺御影同障壁画展を観ました。

障壁画を描くに当たって 日本と中国各地を巡り
取材したスケッチや下図 の完成に至るまでの
行程が紹介されていました。

大きな方眼紙に線を引き モチーフを配置したりと
あの大作は 綿密な計算が為されています。

いい加減な妥協をせず 本物を描く姿勢。

求められる作品のレベルの高さは 並大抵ではなく
其れに伴うプレッシャーだって 計り知れません。

それらを克服して完成に漕ぎ着けたのですから 凄いです!

今回の企画展では 後世に残る様な絵を 観る事が出来
とても有意義でした ♪

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

見えなくても描く

優さん、こんにちは。
優さんがお持ちの“天下の宝刀”は切れ味が凄いようですね(笑)
描きたいものは見えなくても描く!!

右に2本の大木と左上に覗かせた太い枝、構図が良いですね!!
影の広さで木々が生い茂る様子が感じられます。

中村彝画伯は若くして亡くなられ、こんな素敵なアトリエで
もっともっと絵を描きたかったでしょうね!!

東山魁夷唐招提寺御影同障壁画を見られましたか!!
10年かけて完成っていうからすごい事です!!
因みに、優さんは何日かけて1枚を仕上げられますか?
私など2~3日すると行き詰まり、
もう良いや!!って、すぐに妥協して長く続きません(笑)

mnsuisaiさん

こんにちは。

天下の宝刀も 使い過ぎると威力が薄れて来る様な〜笑)

完成予想図が 平凡な感じがしたので
思い切って左上のオブジェの様な枝を描き足しました。

地面の影で多くの木々を表現したつもりです…。
感じ取って下さり嬉しいです。

因みに 中村彝は茨城県水戸出身で
37歳の若さで 恋愛も成就出来ずに
吐血して亡くなった薄幸の画家さんです。


以前よりもブログに絵をアップする回数が減っていますが
絵に費やす 時間は増えているのよ。

私は 構図に殆どの時間が取られます。
構図さえ決まれば早いです。

描く最中に変更も有ります。

mnsuisaiさんはシッカリとデッサンしているので
見習いたいと思っています。

特に葉の描き方が 妥協を許さない感じがして良いですね。





No title

こんばんは~

とても愛らしい絵だけど、ただ可愛いではなく、崇高な感じって何なのかと思いました。
私はほとんど画家についての知識が無くて、「中村彝」さんについて調べると、このアトリエの雰囲気がわかるような気がしました。

黒光さんのドラマ「パンとあこがれ」や、荻原碌山の美術館にも寄りましたが、その名前ははじめてです。教えていただきありがとうございますm(__)m

香川県には東山魁夷の父方の出身が香川だそうで、ご夫人から寄贈された石版画を所蔵する目的からできた東山魁夷せとうち美術館があります。
今日の記事は絵をかくうえでの心構えを教えていただいたような気がします(^^)/

P.S.中村屋のかりんとうは香川でも買えます。大好きです(笑)

No title

夭折の中村彝は若い頃に惹かれかなり傾倒した画家で、その頃に購入した彼の画集がまだ二冊あります。好きな画家の一人です。
「エロシェンコの像」や中村屋の俊子を描いた「少女」、「髑髏を持てる自画像」などが好きです。優さんの絵に描かれるアトリエ(新宿落合のアトリエ)は彼も描いていますね。
昨年でしたか、新宿中村屋サロン美術館でも作品を見てやはり心打たれました。
優さんの作品に描かれる林の中に孤高の如く佇むアトリエから、静かな生涯を送った彼の姿をあらためてしみじみと感じ入っているところです。
いろんな旬が目に入るようになってきましたね。
春の香り、春の色、春の形…今だけの良い季節です。

つくも ( 月萌)さん

おはようございます。

私も 中村彝や黒光さんの事は
絵の背景を調べていくうちに知ったのですよ。

当時の中村屋のアトリエで 中村彝 禄山 黒 光さん達は
出会っていたのです!

そして当時 驚く様なドラマが展開されていて
其れにも驚愕しました。

黒光さんは色んな意味で
周囲の人たちに影響を与えていて
その事に自分でも気付いていなかったみたいですね。

至高の作品も 彼女の存在が無かったら
生まれていなかったのかも知れない…。

そんな事を考えていたら
無性に中村屋のカリントウが食べたくなりました〜笑)

hiougiさん

こんにちは。

hiougiさんは 若い頃から芸術家を目指し
励んでいたのでしょうね。

お恥ずかしいのですが 私が知ったのは ごく最近です。

ですから 描き始めて 此れは不味いかも?と思いましたよ。

でもこの絵を描いて いくうちに
違う世界を知り得て勉強になりました。

中村屋のアトリエは場所を提供し
其れに 素晴らしい モデルもいましたし
アーティストの溜まり場としても
芸術家に多大な貢献をしていますね。

夭折した中村彝に hiougiさんが傾倒されたのも
分かる気がします。

今考えると hiougiさんの彫刻の作品にも
影響を与えている感じがしますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

最愛のペットが亡くなってしまいましたね。

貴女の 憔悴の中でのコメントを思い遣り
涙が溢れて来ました。

亡くなる前日の あの優しい儚げな笑顔…。
精一杯の感謝の笑顔だったわね。
先に逝ってゴメンねと言っている気がしました。

泣くだけ泣いたら 元気を出して
頑張ろうね!

キット貴女を見守っているからね。
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード