宝篋山へ山登り 茨城県つくば市



マスキングを使わずに自由に描いて見ました。

何時もは 筆跡を消してボカしてしまいますが
今回は逆に筆跡を残す感じで仕上げています。


筆跡を残すなら
筆が紙の上で 勢い良く踊るようにしたかった!

それは 今後の私の絵の課題ですね。





〜♪〜〜

「宝篋山なら 大丈夫!登れるわよ 」

何時もは「NO」と言う「山ガール」の友人が
勧めてくれた里山です。

里山とは言え 茨城県では 筑波山に次ぐ二番目の高さで
461メートルも有ります (・_・;

ボランティアの方々のお陰で
登山道はとても良い感じに整備され
登りやすい山でした。

沢の小さな滝に 其々ユニークな名前が付けてあるので
癒されました。

この日は風も無く温かな登山日和。


初めは 爽やかな気分で上って行ったけれど
次第に着膨れと 冬太りの肉体が重荷となり
大変でした〜〜笑)

同行の息子のリュックには
私のペットボトルや
脱いだジャンバー 帽子 マフラー カメラ 絵の道具 etc
全て放り込ませて貰いました 〜 笑)


其処此処に咲いたヤブツバキが
疲れた目に優しく映ります。

この日は冠雪の富士山が
青空に映え素晴らしく綺麗でした。

宝篋山の頂上付近には
先日降った雪が少し残っていたけれど
温かな陽だまりで
登山者がお弁当を広げていました。

後日 息子が脚に豆が出来たとボヤいていましたが
荷物を持って貰ったので 申し訳ない気持ちでした。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます

清々しい作品ですね♪
絵をみながら深呼吸しましたよ(笑)
手前の二人と樹の下の二人、何をはなしてるのでしょうね、、(^^)/

水彩画のマスキングなど技法のことはわからないのですが、
「筆が紙の上で 勢い良く踊るようにしたかった!」
はとても共感しました。

まさしく透明水彩

優さん、こんにちは。
ほうきょうさん・・・漢字が読めませんでした(笑)

筆痕を残す・・・広がる里山の田園風景の緑、高木の葉の濃淡、足元の枯れ草、
特に山のグレー系などの重ね塗り、まさしく透明水彩ならではの良さが出ていて素敵です。
今回、人物が素晴らしいですね!!細かな描写、大変手間を掛けられましたね!!(笑)
登山者が一息つく光景と影の長さで時間軸、服装で季節感!!
一番に目がいくポイントになっています。

何時もポーター役を引き受け絵描きの母親の為を想う・・・良い息子さんだ!!

つくも(月萌)さん

こんにちは。
美味しい山の空気が届いたでしょうか? 笑)

手前の二人は 「コンビニのおにぎりって意外と美味しいね!」
向こうの二人は「筑波山は 今頃混んでるだろうなぁ〜」
何て言っているのでは無いかと思いますよ 笑)

日本画で マスキングを使わないのは
色を塗る重ねていけるから ですね。

最近 有る程度 水彩画を描く手順が解って来て
どう言う風に描いたのか?
大体読み解けるようになったと思います。

今後は 自分のカラーをもっと出したいわね。

どんな絵を目指して描きたいのか?
其れが此れからの 私の課題だと思います。

mnsuisaiさん

こんにちは。
「宝篋山」にフリガナを忘れて ごめんなさいね。
実は 私も読めませんでした (・_・;

多分!mnsuisaiさんが
調べてくれるとは思ってましたけど〜♪


今回は 人物が上手く絵に入ったかしら?

最近 絵画展に行ったのですが
水彩画は一点のみでしたが とても良かったです!

「その絵の中に風が吹き渡っていたからです」

水彩画の醍醐味は
透明な風を描こうと 夢中になるのかも知れませんね。

mnsuisaiさんが仰る通りに
絵の理解者でも在る息子には
改めて感謝しています〜♪





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

暖かくなり、眠っている虫もそろそろ目覚める頃だったのかも知れません。
厳しい自然界です。
このところ毎日いろいろな鳥たちが代わる代わるやって来てくれて、目を楽しませてくれます。
登山もされるんですね。
多彩で、行動派で、見習わなくて思った次第です。
澄んだ空気と春の息吹を感じさせる作品です。

鍵コメさん

おはようございます。

最近の健康グッツの進化は凄くて
使いこなすのが大変です。

私は 家族のお上がりを狙っていますが
果たして使いこなせるかしら?笑)

hiougiさん

おはようございます。

小鳥が 冬眠中の虫を器用に探し出して食べる光景。

厳しい冬を越さねばならない自然界の輪廻を感じます。

そうしたドラマを
今迄気付かず過ごして来たけれど

それらにもっと目を向ければ
違う世界が見えて来ますね。

体力の現状維持のウオーキングや
環境を変えリフレッシュ出来るのも
家族のお陰だと思っています。

No title

おはようございます

ご子息と山登り
良い時間をすごされましたね
うらやましくなります

山道をぶらぶら歩く
春になったらやってみたいものです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mokuzousiさん

おはようございます。

家族から 突然の声が掛かった時に備え?日頃から
体力維持に努めています。

低山でも麓から登ると 結構きつかったですよ。

里山をブラブラ散歩するのも 良い感じですね。

此れから芽吹きの頃の 里山は美しいですよ ♫

鍵コメさん

おはようございます。

愛猫を亡くされ そのお気持ちを考えた時
思わずコメントを入れてしまいました。

何時も側に寄り添っていたのでしたね。
最期にお別れに来たと思うと泣けて来ます。

亡くなっても キット!鍵コメさんの側に
いるような気がします。

No title

手前の男性?の軽やかな足取りがいいですね。
画架を背負ったゴッホのよう。
中央の2人も話が弾んで楽しそう。


>何時もは 筆跡を消してボカしてしまいますが
>今回は逆に筆跡を残す感じで仕上げています。
大きな画面で見たいですねー。

こんばんは^^


山の澄んだ空気が感じられる
作品ですね(^^)

向こうの方に見える緑の景色も
美しいです。


息子さん、荷物を運んで下さったのですね。
なかなか、頼もしい息子さんですね(^^)


それでは、
ポチっと応援していきますね(^▽^/

artkazukoさん

こんばんは。
こんばんは。
コメントを二つもありがとうございます。

風景画に人物を入れるのを ワザと避けていたのですが
私の風景画の場合は入れた方が良 さそうですね 笑)

見る方のイメージで 絵の展開が広がる感じがするのですが…。

もしかして 私 画力の無さから逃げている?のかも〜笑)




坊主おじさん

こんばんは。

ビックリでしたわ!
人間の身体って左右で体温が違うのですね!
直ぐ計ってみたら ヤッパリ!0・5度違っていました。

身体の均衡が崩れると風邪を引くって不思議です。

人間の身体の仕組みは 色々解ると面白いですね。

坊主おじさん 何時も有益な情報をありがとうございます。

そして何時も 応援のポッチを押して下さり感謝申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。

体調が思わしく無いのですか…。

私は 鍵コメさんのブログを訪問するのが心の安らぎなんですよ。
何時も素敵なブログにウットリ!なんですが…。

でも お身体の事が心配ですから
余り無理しないようにして下さいね。

先ほどは シャロームの曲を聴きながら 珈琲を頂き イチゴのタルトを
シッカリとご馳走になって帰って参りました ♫

嬉しかったわ!ありがとう !😊
アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード