木蔭に咲く芍薬と都忘れ



牡丹の花が終わった庭は、
何だか淋しげでしたが、芍薬の出番となりました。

朝の光を浴びて咲くお花たちは特に魅力的で、
エネルギーのお裾分けを頂いています。

巷では、既に「芍薬」も終わりを告げているのに、
我が家の花たちはノンビリしているのだわ。



傍に咲く「都忘れ」と一緒に切り花にしました。

「芍薬」のおびただしい花びらと格闘しながら描くひと時は、
とてもスリルが有って、楽しいけれど、
もっと、穏やかな優しい気持ちで描きたかった。


「牡丹」の花と「芍薬」は満開になると、
私は全く区別がつきません。

枝と茎の違いなのかしらん?


〜〜♪〜〜

今日は「山法師」の花が満開のカフェで、
皆んなでランチをしました。


庭の山法師が見える個室を予約したので、
少しくらいかしましくても平気。

心置き無くお喋りが出来ました〜笑)


今、ここに居る皆んなも家族も元気、
だから、今、このひと時が一番幸せなのかも知れない…。

総勢 8名がふた手に分乗し、
私も車を運転したのですが、
カフェに着いたら敢え無くエネルギー切れ、
温順しく聞き役に回りました〜笑)


帰宅後、ブログのタイトルの文字が、
「都忘れ」が「物忘れ」に見えちゃったわ…(−_−;)


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード