「森の時計」 北海道 富良野市



「風のガーデン」から戻る途中
木立の中に 素敵な小道を見つけました

沢山の人が 吸い込まれるように入って行くので
「何だろう?」
後を付いて行くと 小さな小さなログハウスが
森の中に沢山点在しています

あたりは 濃い緑の大きなフキが沢山生い茂り
「もしかしてコロボックルが 潜んでいる?」

小さなお店には オレンジ色の灯りがともり
メルヘンの世界に足を踏み入れたよう

可愛い雑貨を販売している お土産やさんでした

手作りの可愛い雑貨は かなり魅力的で
夫は ウッドクラフトで出来た
フクロウのキイホルダーを買ってました

あれも これもと目移りばかりして
結局買わずに 進んで行ったら
「森の時計」に着いてしまいました

昔 テレビの「優しい時間」で放映された
あのロケ地

当時 この番組はお気に入りだったので
懐かしさが込み上げて…

憧れの珈琲を店内で飲もうとしたら
何と一時間以上も待たねばなりません

かなり 落胆してしまいましたが
人気スポットだけに 仕方が無いと諦めました

開放感溢れる あの大きなガラス窓…

窓イッパイの外の風景を眺め
お喋りしながら
かつてのあのシーンの様に
珈琲豆を引く筈だったのに…(。-_-。)

珈琲を飲んだつもりで?
大きな梅干しのガリガリ君を
口いっぱいに頬張って!

「これ!ヤケに酸っぱいよね!」
なんて梅干しに八つ当たりしながら
森の時計を後にしました(笑)


アルシュ紙 F⒍

現地で写真で撮ったのを 参考にして描きましたが
木がかなり生い茂っていたので
見え難い処は 想像で描きました

グラデーションの掛け方を苦心しました

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード