夕暮れ



清水公園に来て かなり興味をそそられた
水上アスレチックを描いてみました。

丸太を組み合わせた
ユニークな遊具で遊ぶ
子供達の 元気な声で溢れていました。

時々 水に落下する子供も居て
悲鳴やら歓声やらが上がります。

集団で遊べて楽しそう!やってみたくなります(笑)


私は小学一年生の頃 岩手の遠野に住んでいました。

夏休みになると 近所の高学年のお姉さん達が
川遊びに 連れて行ってくれました。

その川遊びが とても楽しい。

見よう見まねで犬掻きを覚え
大きな岩から飛び込んだりして
アット言う間に夕暮れ。

綺麗な夕焼けの中 涼風が吹き
カジカも鳴き出す頃
長い影を踏みながら帰った 懐かしい原風景。

然し そんな楽しい思い出ばかりでは無く(。-_-。)

その川に行く近道には 別の小さな川があって
丸太が二本置いてあるだけの 粗末な橋がありました。

川遊びにに行くには どうしても その丸太橋を
渡らなければなりません。

他の子供達は さっさと渡るのに
私は怖くて 途中でしゃがみ込んでしまいます。

へたり込んで下の川を覗いたら
ドギツイ色のお腹をした魚がウジャウジャ。


イモリかも!?ギャー❗️

でも この状況では 助けて貰えないのは
分かりきっています。

優ちゃん〜! 下っこ見だらば 駄目だんべー!

渡り終えたお姉さん達が
固唾を呑んで 見守ってるから 私 頑張る!

ほふく前進で 必死に橋を渡りました(笑)

夏休みにの終わり頃には スッカリ慣れて
丸太橋を歩いて 渡れる様になりました。

もしもあの時 川に落ちていたら?
イモリに囓られていたかも?(笑)

そんな事を 懐かしく思い出しました。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード