城壁から望む箱庭の風景 ~ドイツ・ローテンブルグ~



前回書き忘れましたが、ローテンブルグの
市内散策の際 罪人を閉じ込めた 不気味な
拷問道具が展示されていました。

ツアーの若い女性が その中に入って
ニッコリ笑って記念撮影!

夫もつられ 拷問道具の中に入って
断末魔の形相で記念撮影をしました(笑)

周りが囃します 「 奥様は…? 」
「 絶対イヤよ~!」(笑)




アウヴスブルグへと向かう途中のパーキングで
ハイテクの有料トイレに入りました。

用事が済むと 便座のみがクルリと一回転
シュッと液が出て 消毒と乾燥をこなす優れもの。

呆気に取られ 思わず ジィーッと眺めてしまいました(笑)

使用料は70セントでしたが 20セント返金され
隣のお土産屋さんで リンゴジュースを買う足しにしました。



バスから眺めるクリスマス風景 広場でもみの木を売っていて
多勢の客が買いに来ています。

買ったモミの木は 車の屋根に積んで運び
日本のお正月風景を 感じさせるなぁと
思いました。

ドイツの家庭では 11月の最後の日曜日
モミの木に4本のローソクを立てます。

一週間毎に一本ずつ灯していき
最後4本目を灯すと クリスマスとなります。

12月に入ると 子供部屋には日めくりカレンダーが置かれ
カレンダーを開けると お菓子が入っています。

12月初旬から お母さん達はケーキやクッキーを
焼きま

保存が効くパウンドケーキ そして牛乳を入れると腐るので
パサパサのクッキーを焼きます。

お店ではチョコレートがかかった焼き菓子が
山の様に売っていました。

野球のボール位の大きさで 真っ黒いのです(笑)

どうやって 噛り付くのかな?

食べた後の口の周りも気になります(>人<;)

ドイツの12月6日は 聖ニコラウスの日で
軽い行事があります。

ドイツの子供達は サンタが来ると信じていて
ブーツを磨いて 傍に置いて寝ます。

悪い子には お仕置きの小枝が!
良い子には お菓子や果物が置いてあります。

大人もプレゼントが飛び交い
上司は部下一人ひとりにプレゼントするため
香水や化粧品を 買いに走ります(笑)

ドイツ人の 堅苦しい雰囲気が一掃され
何だか ホノボノした国民なのだなぁ!
と思いました。



「追伸」

さて 今年も残り少なくなりました。

一年間 私の拙いブログを訪問して頂き
心から感謝申し上げます。

そして 今年のブログは 今回で終了となり
来年は 2日からアップしたいと思っております。

来年は 皆様にとりまして 穏やかな良い年でありますよう
心からお祈りしております。

一年間どうも有難うございました。



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード