沼原湿原の遅い春



「ブログのネタが尽きてお手上げよ!」ボヤく私に救いの手が…。

ネットを検索していた息子が、「那須に興味深い処があるらしい。」

用事で行けない夫は、済まなそうに愛車を貸してくれました♪(´ε` )

「ヤッパリ親父の車は速いね!。」ハンドル握る息子もご機嫌。

常磐高速を飛ばして東北道へ抜ける那須は、意外と近いなぁと感じました。

那須はツツジの真っ盛り。
緑陰に点在する赤いツツジの花が、ハッとするほど美しい。
昨年夫とランチで食べた、美味しいパン屋さんもあるわ。

目指す沼原湿原への山路は、車の往来も無く心細さが募ります。

しかしパーキングに着いたら、30台程の車が駐車しておりホッとしました。

パーキングから少し歩くと、美しいエメラルド色の人造湖が見えます。

numahara1.jpg


なかなかお役に立つダム湖らしい。

一息ついて、ひと気のない山道をズンズン下って行きます。

動物の糞も落ちていて、糞の大きさからして鹿かしら?

飼い猫メイのウンチより大きくて、犬バロンより小さいみたいね。

栄養状態悪いかも?冬眠で痩せたのかしら?

熊の出没注意の看板があったけど、大丈夫かな?

もし出て来たら、取り敢えずその辺に落ちている木の枝で、真っ向勝負だわね!

わざと声を張り上げ大きな独り言。

「もしも熊が出て来たらどうするの?」と息子にぶつけてみた。
「俺はオニギリをぶっつけながら逃げるわ!」
「エッ?私はどうなるの?」
「もちろん!置いて逃げるさ!」

オンブして逃げて呉れるんじゃ無かったんだ!∑(゚Д゚)

そんな他愛無いお喋りをしていたら、湿原に着きました。

numahara4.jpg


冠雪の山々を仰ぎ、清らかな水を讃える湿原は長い冬の眠りから目覚めたばかり。

澄んだ水底に、ゆらりゆらりと揺れる白いオオサンショウウオ?の卵。

numahara2.jpg


孵化寸前の沢山のオタマジャクシの目が、キラキラ光ってお日様を仰いでいます。

生命の誕生の神秘を目の当たりにして、創造の神に感謝です。

可憐な山桜が湿原を渡る風に震える姿が、昔何処かで見たことがあるなぁ!と思いました。

numahara5.jpg

numahara3.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード