屋根がモザイク模様の教会 ~クロアチア・ザグレブ~



ザグレブはクロアチアの首都で人口120万人です。

日本の京都と姉妹都市で、古い文化と新しい文化が融合する成長著しい都市です。

昼食後、1時間30分をかけてザグレブ市内観光をしました。

ヘビーな食事が続くので、ダイエット中の私はリバウンドが心配。

少しでも歩いてカロリーを消費したいわ。

気候も暖かく、日本のように四季があります。

聖母被昇天大聖堂・聖マルコ教会・石の門・イエラチッチ広場を見学しました。

ザグレブのシンボルでもある美しい大聖堂は数年前から、補修工事が行こなわれています。

現地のガイドさん曰く、補修工事をされていない大聖堂は見た事が無いほど、しょっちゅう工事中だそうです。

高さ100メートルの尖塔がふたつあり、繊細な装飾が美しいネオゴシック建築です。

砂糖菓子のように綺麗!だからモロいのかもね?

教会内部も荘厳で美しい模様が散りばめられていました。

次の聖マルコ教会は、屋根のモザイク模様が美しく可愛らしい教会でした。

屋根の2つの紋章は左はクロアチア王国、右はザグレブ市の紋章を現しているそうです。

教会の内部には、クロアチア出身の有名な彫刻家の作品が飾られ楽しげな感じの教会でしたが、中の見学は残念ながら出来ませんでした。

次は、敵の進入を防ぐ為、都市を城壁でグルリと囲った名残のある石の門に向かいました。

当時は数少ない出入り口のひとつであり、門の内部の礼拝堂には聖母マリアの肖像がかけられています。

大勢の信者がロウソクやお花を手向けて祈っていました。

昔、城門が大火で焼け落ちた際、このマリア像だけは無傷だったそうです。

付近の家のてっぺんには魔女の飾りが取り付けてあって、中世の面影が色濃いなぁと思いました。

日本で言えば鬼瓦みたいなものかしら?

ザグレブでは、1店舗あたり740クーナ以上の買い物をすると免税になるとの事で一瞬どよめきましたが、お買い物時間はありませんでした。

夕食はホテルのプライベートディナーだったけど、
飲み友達とも別れ離れ、夫と二人だけの何だか寂しいディナーだったわ。

夫曰く、何十年も一緒だろ?今更しゃべる事って無いよな?だって!

DSC07545.jpg

DSC07546.jpg

DSC07550.jpg

DSC07564.jpg

DSC07574.jpg

DSC07594.jpg




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード