宇治橋を描いてみました



今年は式年遷宮に当たります。

20年に1度の立て替えは、勿体ないなぁと思いますが、老朽化と技術の伝承の為には丁度良いのだそうです。

ならわしとされる外宮から参拝しました。

外宮は神様のお食事をつかさどっています。

ガイドさんが、内宮は右側通行で外宮は左側通行ですと教えてくれました。

参道は古代の森のようなロマンに満ち、空気も清々しく心地良い空気が流れていました。

衣食住の守り神である豊受大御神は、2000年以上前から天照大御神に毎日欠かさず朝晩のお食事を捧げています。

伊勢湾台風の時はは大災害だったので、今日は多分休むよね・・・ガイドさんの息子が見に行ったのだそうです。

何事も無かったかのように、かまどの煙りが静に立ち上っていたそうです。

2000年以上も前から欠かさず毎日行われる祭りは、日本人の厚い信仰心の現れですね。

遷宮の廃材は、全国にある7500カ所の神社の立て替えに使用されるのだとか。

懐かしく優しい感じがするのは、多くの人々が力を合わせ、神様をお守りしてきたからなんだなぁと思いました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード