清澄庭園



テレビで深川の清澄庭園の画像を映しています。

夫を誘ったら、いいよ!の二つ返事でした。

日曜日なのに広い庭園は空いてます。

江戸の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられているだけあって、
風情のあるたたずまいが素敵です。

その後大名屋敷となり、
明治になって岩崎弥太郎が社員の慰安や貴賓を招待するために開園したのだそうです。

隅田川から水を引き、築山や全国の珍しい石を配置して
江戸東京を代表するような、堂々たる庭園です。

池のまわりを散策すると景色が変化するように設計が施され、
見る場所によって違った景色を楽しめます。

川鵜が羽をひろげて日光浴したり、
青鷺が飛び石のうえでポーズを取って見せてくれます。

至近距離で青鷺の写真が撮れて、良い思い出になりました。

亀が、あちらこちらに浮かんでいるのも面白く飽きません。

「金持ちが庶民に還元することは良いことだよね。
でも今の金持ちってこれだけの物を還元する気持ちってあるのかねぇ?」

夫がぽつり漏らしたひと言に一瞬ドキリとしました。
ですが、私がドキリとする必要は全くないんですよね(^_^;)

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード