12月の静物画 我が家の収穫祭



ランプライト F 6. 300g. 中目

庭で収穫した柚子を描きました。

3年前に植えた柚子は早くも鈴生りで
いそいそと捥いでは ご近所に分けてさし上げたり
娘には赤カブの酢漬けに柚子を入れて瓶詰めに

そして我が家のお味噌汁の薬味にと 毎朝重宝しています。


さて!折角の木なりの柚子だから 豪快に枝ごと描きたいけど
棘は刺さるし 枝ぶりが良くありません。

こんな可愛い果実に 棘があるとは知らなかったわ (・・;)

もっとモチーフを賑やかにしたいな!

有りました!姫りんごが2個と巨大なレモンが1個!

未だ木にぶら下がっています〜♪

其れを捥いで 豪快?に並べてみました 笑)

絵のモチーフを経済的に済ませちゃった〜♪

このささやかな醍醐味…(・・;)

本当は 山茶花の花木が見事に満開なので
其れを描けば良いのですが
難しいので 今年も敬遠してしまいました (・・;)


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

11月の静物画



初冬の庭を彩る姫りんごの赤い実が可愛いらしい。

キャンディーポットに生けて描こうとするけれど
枝葉がポットの中で安定せず描き辛い…。

お茶を習っている友人から
蓋をずらして活けたら…。

とても素敵なアドバイスです〜♪


縁日の屋台で見かけるりんご飴は
この姫りんごが使用されていると検索に出ました。

そうだったんだ!姫りんごって食べられるんだ〜(・・;)

このキャンディーポットは
娘が大学生の頃
札幌の妹宅でほぼ1ヶ月の夏休みを過ごし
小樽の北一硝子に遊びに行った時のお土産です。


このガラス器は難しくて敬遠気味でしたが
最近 描いて見たいな!と思ったのです。


北国のりんご畑を思い浮かべながら描きました。

〜〜♪〜〜

以前 夫が働いていた会社の女子社員二人が
先月 我が家を訪問して下さいました。

昨年も訪問して下さったのですが
当時 女性のひとりはまさに臨月!

その時 お腹に居た赤ちゃん👶が
ヨチヨチ歩きの可愛い女の子で登場!

まさに灌漑深いものが有りました。

あの時 紙おむつを変えたり
ミルクを上げたりとあやしていた男の子の赤ちゃんは
既に保育園に行っているそうで。

あれから 又二人目の男の子が生まれ
そのお子をお披露目に来て下さったのです。

昨年はカフェの離れを貸し切ってランチをしました。

今年は 牛久沼の辺りの鰻屋さんを予約。


彼女たちは 出産後 職場に復帰したいけれど
子供を預けるところが無いと嘆いていて。

たまたま最初の子はうまく預けられたけれども
二人目を預けられるかどうか心配との事でした。

神奈川在住の彼女は何とか大丈夫そうでしたが
東京都に住んでる女性は大変みたいです。

少子化が問題になっているのに
喫緊の課題は
生まれた子供を預ける施設が足りない!

私も若い頃 東京に住んでいた時期が有って
子供を預けるところが無いため
出産を機に会社を辞めたのでした。

あれから何年も経つのに (・・;)
一向に改善されていないのですね!

この国は 本当に少子化問題を心配しているのでしょうか!?

待機児童問題
こう言う地道な政策に力を注いで欲しいものです。


女性は信義に熱く そのパワーが凄いのをご存知ですか?

シッカリと見ていますよ!

そして 後々政治への評価が出て来るものなのです…。


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

花瓶の花とこけし



素材の異なるモチーフで
陶器 ガラス 木 布 を描き分けてみました。

静物画の構図がバラバラにならず
一体感を持たせる様に工夫しましたが
少し窮屈そう?



二十五日の夕刻に国際宇宙ステーション「きぼう」が
私の街の頭上を通過するらしいと
事務所から帰宅した息子が教えてくれました。

楽しいニュースなので カメラが趣味の夫に教えて上げたら
カメラの機材を車に積むや 何処かへ居なくなってしまいました。

私は 夕餉の下ごしらえがして有ったので
最後にアジフライを手早く揚げ
宇宙ステーションが通過する
午後七時ちょっと前 既に暗くなった外へ出て
夜空を見上げました。

晴れた夜空に三日月の様に欠けた綺麗な月も出て
絶好の観測日和です。

七時二分ピッタリに、アレだ!と息子が指差す方向に
白い軌跡が音も無く現れ
月の横を通過して行きました。

白く神秘的な光を放ち あっという間に
雷鳴轟く栃木県の方向へ飛び去って行ったので
雷に打たれないかと心配しました。

程なく 川の土手から帰宅した夫は すこぶる上機嫌で

もしかしてスクープだったかな?

見せて貰ったら 真っ暗闇に白い微かな細い線が一本だけ!

何だか蛍の軌跡みたいでした… (-_-;)

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

晩夏の踊り子 埼玉県南越谷市日本三大阿波踊りにて



ホワイトワトソン 300g (F4)

カメラマニアの夫は 日本三大阿波踊りと言われる
南越谷阿波踊りを毎年の様に訪れています。

今年の阿波踊りは 夫が所属するカメラ教室の撮影会となりました。


初日は 着いて間も無く生憎の豪雨に見舞われ
ずぶ濡れで帰宅したのです。

良い写真が撮れなかったらしく 翌日 又 一人出かけて行ったのですから
そのガッツには 脱帽します。



現地で夫の隣に居たカメラマンから 小耳に挟んだ情報によると

この祭りの主催者は市では無く
ある 不動産会社であると…。

私は 社長さんの豪気さに衝撃を受けました。

その会社は イベントである阿波踊りの企画やら
全てを取り仕切り

交通整理も 配下の方々や関連の方々がやっていて

60万人もの人間が この阿波踊りを目掛けて集まる
それらの観衆を 事故の無いようにさばく能力の高さ!
もう凄い!の一言です。



会社が地元に還元して頂くと
多数の人々がその恩恵でハッピーな気分になり
元気で購買力が高まります。

その多大な経済効果は計り知れず…。

其れに 全国への強い発信力にもなります。


曲がっていた腰もシャッキリ〜♪な感じで
来年の踊りに向け健康維持にも努めるでしょうし

医療費の削減にもつながります。


夫から大事そうな一枚の写真を借りる事が出来ました。


構図は既に頭の中で決めて有ったので
其の構図に似合う女性のフォルムが欲しいけど。

膨大な数の写真から
コレは!と思う一人の女性を見つけ出すのは至難の技で (-。-;
皆さん べっぴんさんばかりなのです。


絵をイキイキとダイナミックな感じにしたいと思い
線を傾けたり 手足の動きも修正して描きました。


体幹がしっかりしていそうだから
線を傾けても転ばないでと念じつつ…。


描いていたら 踊りたい気持ちが
うずうずと湧いて来て 楽しいひと時。

写真を提供してくれた夫に感謝しました ♪


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

八月の朝



庭に大輪の白いお花が咲きました。
ダリア?のような…。

ダイナミックさと清楚な感じで魅力が有ります。

お花ばかりだと寂しげなので
猫のメイをモチーフに入れ
インスピレーションを膨らませて描いてみました。

息子に、メイを狸みたいに描かないで!
って請願されてしまった…笑)


マスキングを使わず 白抜きに挑戦したのですが
猫の髭と手前の小花は 今回もギブアップでした 笑)

〜♪〜〜

先日私の街の花火大会が有り
今年は娘夫婦の家で見る事になりました。


娘の夫君のご両親も交え 五月の牡丹園以来
久しぶりの再会です。


今年の花火は どうも頼りなげで
ヤッパリ!市は財政難かしら…と一抹の不安が過ぎります 笑)


しかし 後半は見違えるような華やかさ!
見事に盛り上がりました!


飲んだり食べたり 他愛ない話で盛り上がり
健康でいられる日常に感謝しました。


先日購入したピアノを 娘が楽しそうに弾いてくれました。

お話好きな 元音楽の先生にレッスンを受けていて
ブルグミュラーの 曲からの再開です。

音楽のある 日常はヤッパリ素敵ですね、
私も ライアーを再開したく イエ!せねば❗️

花火が終わり ウオーキングを兼ねながら家路に着くと
道路に居並ぶ屋台も ボチボチと帰り仕度を初めていて
頰を ひんやりとした秋風が吹いていきました。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード