白い蕎麦の花畑と筑波山 茨城県下妻市



10月2日 晴れ

蕎麦の花畑の撮影に赴く夫に
スケッチブックを携えて同行しました。

下妻方面へ 蕎麦畑は何処?〜目を凝らしながら車を走らせますと

既に稲が刈り取られた 田んぼには 蘖が新たに芽を出して
さながら青田のような風景。

大好きな青田を再び見れるなんて幸せ〜♪

下妻の道の駅に立ち寄り
栗ご飯にする栗や野菜を買い求め
鴨南蛮を食べたお店の人に蕎麦畑の場所を訪ね
ようやくたどり着きました。

背景には紫紺の筑波山 しかも邪魔な電線が無いので
撮影スポットにはピッタリ!

季節外れの雪が降ったような
小さな花の集合体が描くファンタジーな世界〜♪

しかし 綺麗だけど一体 どう描けば良いの?

スケッチをしていたら 遠くの農家から
小さな女の子と父親らしき男性?がやって来て

何してるの?女の子が覗き込む

蕎麦のお花畑をお絵かきしてるの〜♪

若い父親らしき男性が傍でニコニコしながら
お邪魔してすみません…。

いヽえ 此方こそ!
蕎麦の花がとても綺麗なので
此処で スケッチをさせて頂いています…。

でも見せるほど上手く無いから 見せられ無くて…。

最近は世代交代が進み 農家は米作りだけでは無く
小麦や蕎麦を栽培する農家が増えた事は
日本の農業にとっては画期的で


女の子と若い父親の後ろ姿を見送りながら
エールを送りました。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

眼鏡橋 長崎にて

IMG_287220171019.jpg


気が遠くなる様な石ころの数で (-。-;
これを描かないと周りの雰囲気が伝わらないと思い
頑張ってひたすら描き入れました。

石が同じ形にならない様にと ただひたすらに…
途中で 放り出したくなりました (・・;)


〜♪〜〜


五島列島を出港して長崎港へ着きました。


レンタカーは 長崎港の直ぐ側のパーキングに一泊したのですが
船の乗船券を提示したら料金が安くなったそうです。

その後 長崎カステラを売っている松翁軒へ。

此のお店のカステラは 都心では余り売って無いので
娘は どうしても欲しいと申します (・・;)

江戸中期の創業なので 300年の歴史が有るとか…。

そういえば 、先日テレビ見た葛飾北斎も
カステラを食べていましたし。笑)

店内には、歴史的な美術調度品が飾って有るので
お洒落なギャラリーといった雰囲気です。

冷たいお茶とカステラのお持てなしに
ついお財布の紐が緩んでしまいそう!

此の季節限定の栗入りのカステラを数箱買い込んだら
腕がズシリと重くなってしまいました〜(・・;)

店を出て 通りに出ると長崎くんちの祭りが近いのか
良く通る声のお囃子やら山車にも出会え
ホットな祭りをチョッピリ感じる事が出来ました。

そして 可愛い路面電車をカメラで追っかけたり…。

その後 写真撮影の為 日本初の石造りのアーチ橋へ。

江戸時代は寛永11年に作られた レトロな美しい眼鏡橋です〜♪

両岸の石垣に キチンとはめ込まれた小石も綺麗で
日本人の美意識の高さと技術の確かさに感動しました。

IMG_153520171019.jpg

IMG_148120171019.jpg

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

祈りの島頭ケ島天主堂 五島列島

IMG_2831.jpg


山間の人目につかない場所に
ひっそりと建っている教会です。

信仰の拠り所である手造りの教会を
インパクトのある絵に描きたかった…。


格闘したのですが 空回りな感じですね …(-_-;)




〜〜♪〜〜


長崎港からジェットフォイルで五島列島の奈良尾港に到着後
レンタカーで ホテルへと向かいました。

入り組んだ入り江 静かな漁村 そして
この小さな島にしては 29もの教会が有ります!

夕刻ホテルに着くや 夫は夕陽を撮りに行くと言い出して…。

ワタシ 船と車の移動で疲れ果て
もう!行きとう無いのです〜(-_-;)

しかし 夫一人暗い見知らぬ道の運転は危険〜(-_-;)



でも 優しい娘の夫君が一緒に行くと申し出たので
娘と私は感涙に咽びつつ
暮れ行く海の夕陽を眺めながらワインを頂きました〜♪


翌日 娘が事前に予約してくれた頭ケ島天主堂を見学しました。


環境保護のため 車両は乗り入れ禁止
シャトル車が送迎してくれました。

アップダウンの細い山道を下り暫くすると
綺麗な砂浜を望む高台に石造りの教会が建っています。


迫害を受け一旦島を離れた信者が
明治初期に再び島に移り住み 近くの島から
砂岩を切り出して造った手造りの教会です。

外観は重厚ですが 内部はステンドグラスの装飾に花をあしらい
優しい雰囲気が漂っています。

長椅子には手造りの可愛い座布団が敷かれ
アットホームな感じ。

今では 頭ケ島教会の信者は数世帯となってしまいましたが
大切に護っている様子が伺えます。


祈りの島を世界遺産に!

現在も人々の心の拠り所として大切に守られ
世界遺産登録を目指しています。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

ある晴れた日 のグラバー邸



園内で素敵なマダムに出会いました。

歳と共に円熟味を増した 女性らしい雰囲気が素敵!

こう言う風に歳を重ねられたら…
その 女性をこの風景画のモデルにしたいと思いました。

今度は 息子に老女と言わせないぞ〜笑)

もともと有った建物の欄干と 後付けの手摺りを描くのが
一番難しいと思いました。

省略すれば違和感が出ますし
こう言う場合はどう描けば良いのか?
悩みどころです。


グラバー園を見学後
夜は稲佐山の100万ドルの夜景を見に行きました。

長崎は世界三大夜景になったのです。

展望台には既にカメラマンがひしめき合い
より良い場所取りに懸命の模様。

居合わせた人々は 息を呑んで 今日の夕陽を眺めました。

あたりは 次第に暮れなずみ …。

地上が星砂をばら撒いたように変化していき

人々の営みが優しげで ,胸が熱くなる程の美しさです。

エネルギッシュな昼の長崎と夜はエレガントな長崎
雰囲気がガラリと変わってその変貌ぶりが面白い。

LEDの普及が 日本に良い結果をもたらしたなぁと思います。




この日は太陽フレアで ナビが全く機能せず
ホテルにもやっとの想いで辿り着いたのでした。

後になって考えますと
彼の国でロケット発射を中止したのも頷けます。


娘の誕生会は
ホテルのレストランを夜の8時に予約していました。

ところが 夜景の稲佐山からホテルへの道は
ナビが全く機能せず真っ暗な道を堂々巡りで、

もしかして、ホテルには辿り着けず
一晩中回ってるのかしら…不安が過ぎる…。

運転する娘の夫君が 又もや 変な方向に行こうとしている。
彼もクタクタみたいだ !何とかせねば…。

「此処を右に曲がって!」

絞り出す様な私の悲鳴に

娘の夫君が 咄嗟にハンドルを切ってくれて
ƪ(˘⌣˘)ʃ 何とかホテルに辿り着きました!

駄目なナビに変わり 私の右脳が役に立った様です 笑)

レストランの予約の時間を 少し過ぎていたので

着替えもせず そのままレストランへなだれ込み

娘の誕生会を無事にお祝い出来たので
ホッとしました。

〜メデタシメデタシ ♪ 〜

しかし 太陽フレアって怖いですね。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

タチアオイの咲く海辺



蒸し暑い梅雨がようやく明け いよいよ夏本番となりました。

暑さに負けず元気に日々を過ごしましょうね!

茨城県天心記念五浦美術館で開催されている
展覧会を観に行く事になりました。

ネットで検索したら、途中に有る大洗のさかな市場の回転寿司が
美味しいらしい〜♪

じゃぁ其処で早めのランチを取ろうか?


でも、日曜日なので遅い朝食を済ませたばかり…。

市場を見学後、お腹を空かせてからが良いよね😊


市場の活気のある光景に、呆気にとられながら進んで行くと、

何やらウニを食べている人集りが有って、

ドレドレ?と覗き込んだら 美味しそう!

直ぐ列に並び、お兄さんに二個注文しました〜〜♪

「此れオマケだよ!」

お兄さんが小さな声でボソッと…ヽ(´▽`)/

エエッ?ウニを四個も大きな発泡スチロールの蓋に
乗っけてくれました 😍

しかし カッコつけやの?家族は
私は関係無いです!な感じでササッと側から離れた…(・・;)


海の男の情けを無下にしては、バチが当たるので
私、4個のウニを平らげました。

もうお腹が一杯!当然!回転寿司はパスする羽目に。

書いていたら、またもやウニが 脳裏に浮かぶので
続きは〜また今度に致します…😓


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード