画家のアトリエ



水戸近代美術館の庭に
中村彝のアトリエがありました。

本物は新宿区で 維持管理していますが
復元したこのアトリエアだって風情があって素敵 ♪

「こんな素敵なアトリエで絵が描けたら良いなぁ!」


でも 建物は可愛いけど 木が多すぎて
全体像が見えない…。

そこで 今回も 天下の宝刀!画家?の権利を行使 ?
木々をスッキリさせ 建物の全体像を描きました。

中村彝の生涯を考えながら描いたら
絵が 暗くなった気がするけど
雰囲気的に此れで良しとします。


画家さんは 良いパトロンが見つかれば良いけど
絵で食べて行くのは 大変そう。

そんな憂いが漂っている様な…(^_^;)




〜〜♬〜〜


茨城県近代美術館で開催されている
東山魁夷唐招提寺御影同障壁画展を観ました。

障壁画を描くに当たって 日本と中国各地を巡り
取材したスケッチや下図 の完成に至るまでの
行程が紹介されていました。

大きな方眼紙に線を引き モチーフを配置したりと
あの大作は 綿密な計算が為されています。

いい加減な妥協をせず 本物を描く姿勢。

求められる作品のレベルの高さは 並大抵ではなく
其れに伴うプレッシャーだって 計り知れません。

それらを克服して完成に漕ぎ着けたのですから 凄いです!

今回の企画展では 後世に残る様な絵を 観る事が出来
とても有意義でした ♪

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

二月の銀座



娘が バレンタイン・デーのチョコレートの代わりに
夫へランチをご馳走してくれる事になり
私も お供を致しました〜♪

午前中で 夫も娘も仕事を早めに切り上げてくれたので
三人でホームで合流した後 銀座へと向かいました。

当日娘が予約してくれたのは銀座の
「Airと」言うレストラン。


さり気ないけれど 落ち着いた上品な雰囲気の中
お料理を堪能しました。


*ファグラのソフトクリーム
今迄食べた事が無い新鮮な驚きでした。


*野菜のパフェ
数種類の野菜の入ったミラクルなパフェ。


*魚料理
その日入荷の鮮魚 それに合う調理法で。


*肉料理
シェフが厳選したお肉料理 旬と共に。


お魚料理もお肉料理も
数種類の食材が 口の中でハーモニーを奏でます ♬


キリリとした男性のスタッフが
流暢にお料理の説明をしてくれて。

しかし 食材名が多くて 覚え切れず忘却の彼方へ…。



*デザートは雪をイメージ

マイナス80度の液体窒素で雪を降らせた
お菓子だったような気がするけれど…(-。-;

軽めなのに 結構お腹が一杯になって
とても幸福な気持ちになりました。

やはりお料理は 知的なアートですよね ♪

マンネリ化している 日頃の私のお料理にカツ!! 笑)

ランチの後は 娘の夫君へ
バレンタインチョコを買うためデパートへ。

色とりどりの チョコの多さには 目を見張ります!

娘のお舅さんから 渡仏の度に頂戴する
フランス土産のチョコレートが高価なので

とても申し訳ない気持ちで一杯になりながら
帰路に着きました。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

iPadで 初めてお絵かきしてみましたが
殆ど落書きですね (-。-;

ipaddee.jpg

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

冬晴れの水辺



日曜日 少し遠くの街へプチドライブしました。

大きな池の周囲が 散策路になっている素敵なスポットを発見!

陽の当たる小さな公園では 子供たちの元気な声がこだまし
池にはたくさんの鴨や 何故かカモメ迄が紛れ混み
澄まし顔で泳いでいます。

「この池には どうしてカモメがいるのでしょうね?」

さっきから 気前よくカモメに餌をあげている男性に聞いたら

「サァ!?どうしてだべね〜〜カモメに聞かないと分かんねべね〜」〜〜( ̄∀ ̄)

居心地の良い池に ドップリとハマってしまったカモメの軍団
果たして幸せなのかしらん?

ヤッパリ!青い海原がお似合いだと思うのだけれど。

もう戻る気持ちは失せてしまったの?
なんだか カモメの老後が心配よね〜笑)


この後 8000歩程を 小一時間でウオーキング
その後ラフステッチをしました。

穏やかな冬晴れの午後でした…。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

春を待つお寺



お寺の境内には 大きな睡蓮鉢が設えてありました。
枯れた睡蓮がまるで オブジェのよう…。

睡蓮鉢越しに望む温かな光景に
穏やかな気持ちになりました。



昨年の暮れから新年にかけ 彼方此方のお寺を参拝して
心を鎮めて頂きました。

私は 凛としたお寺の建物や
良くお手入れされた お庭の風情を眺めるのが好きです。

悲しみは 無理をして忘れようとしなくとも
時間が経つと 自然に懐かしさに変わって行くものだと知りました。

今日日 平穏な日常に心から感謝しております。

でも 私 このまま尼寺には入りたくは無いかな〜( ̄∀ ̄)

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

小貝川の夕景



先日 ジニアの花をスケッチした際の
小貝川の夕焼けです。

三羽の白鷺の親子が 夕暮れの静かな時間
浅瀬でくつろぐ姿に心が和みました。

自然界からの思いがけないサプライズ!
此れは絵になるわね!

大急ぎでラフスケッチ後 カメラに収め
家でゆっくりと着彩しました ♪


〜〜♪〜〜


この川は数年前豪雨で氾濫しかけました。

長雨が続き ようやく雨が上がったその翌日
バロンの散歩で土手へ行きますと
大変な状況になっています。



おびただしい鳥が 右往左往しながら
「ギャーギャー」飛び交い。

川の中州の繁みに巣を作ったり
岸辺の木々に巣を構えている鳥たちは
巣ごと流されてしまった様です。

「今夜何処に 寝れば良い?」
「俺たちの寝ぐら何処消えた?」
何百羽の鳥たちが
悲痛な鳴き声を上げ飛び交い。

普段静かな川べりに
こんなにも多くの鳥が生息していたなんて!

一方の土手の上では
一変した川の様子を一目見たさで
怖さ半分 興味半分で見に来る
大勢の行列が祭りの様に行き交います 笑)


一歩間違えば 自分たちも この鳥たちの様に
家を流され 路頭に迷う羽目に なったかも知れない…。

晴れ渡った青空のせいなのか?アッケラカンとした 人々の顔が
川の風景とは対照的で。

人間って 自分も含めてだけど
我が身には決して起こり得ないと
勝手に解釈するものらしい?笑)

「イエ!災害を無事にやり過ごせ お互い無事だったね!」

湧き上がる開放感を 噛み締めているのかもね…。


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード