祈りの島頭ケ島天主堂 五島列島

IMG_2831.jpg


山間の人目につかない場所に
ひっそりと建っている教会です。

信仰の拠り所である手造りの教会を
インパクトのある絵に描きたかった…。


格闘したのですが 空回りな感じですね …(-_-;)




〜〜♪〜〜


長崎港からジェットフォイルで五島列島の奈良尾港に到着後
レンタカーで ホテルへと向かいました。

入り組んだ入り江 静かな漁村 そして
この小さな島にしては 29もの教会が有ります!

夕刻ホテルに着くや 夫は夕陽を撮りに行くと言い出して…。

ワタシ 船と車の移動で疲れ果て
もう!行きとう無いのです〜(-_-;)

しかし 夫一人暗い見知らぬ道の運転は危険〜(-_-;)



でも 優しい娘の夫君が一緒に行くと申し出たので
娘と私は感涙に咽びつつ
暮れ行く海の夕陽を眺めながらワインを頂きました〜♪


翌日 娘が事前に予約してくれた頭ケ島天主堂を見学しました。


環境保護のため 車両は乗り入れ禁止
シャトル車が送迎してくれました。

アップダウンの細い山道を下り暫くすると
綺麗な砂浜を望む高台に石造りの教会が建っています。


迫害を受け一旦島を離れた信者が
明治初期に再び島に移り住み 近くの島から
砂岩を切り出して造った手造りの教会です。

外観は重厚ですが 内部はステンドグラスの装飾に花をあしらい
優しい雰囲気が漂っています。

長椅子には手造りの可愛い座布団が敷かれ
アットホームな感じ。

今では 頭ケ島教会の信者は数世帯となってしまいましたが
大切に護っている様子が伺えます。


祈りの島を世界遺産に!

現在も人々の心の拠り所として大切に守られ
世界遺産登録を目指しています。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

ある晴れた日 のグラバー邸



園内で素敵なマダムに出会いました。

歳と共に円熟味を増した 女性らしい雰囲気が素敵!

こう言う風に歳を重ねられたら…
その 女性をこの風景画のモデルにしたいと思いました。

今度は 息子に老女と言わせないぞ〜笑)

もともと有った建物の欄干と 後付けの手摺りを描くのが
一番難しいと思いました。

省略すれば違和感が出ますし
こう言う場合はどう描けば良いのか?
悩みどころです。


グラバー園を見学後
夜は稲佐山の100万ドルの夜景を見に行きました。

長崎は世界三大夜景になったのです。

展望台には既にカメラマンがひしめき合い
より良い場所取りに懸命の模様。

居合わせた人々は 息を呑んで 今日の夕陽を眺めました。

あたりは 次第に暮れなずみ …。

地上が星砂をばら撒いたように変化していき

人々の営みが優しげで ,胸が熱くなる程の美しさです。

エネルギッシュな昼の長崎と夜はエレガントな長崎
雰囲気がガラリと変わってその変貌ぶりが面白い。

LEDの普及が 日本に良い結果をもたらしたなぁと思います。




この日は太陽フレアで ナビが全く機能せず
ホテルにもやっとの想いで辿り着いたのでした。

後になって考えますと
彼の国でロケット発射を中止したのも頷けます。


娘の誕生会は
ホテルのレストランを夜の8時に予約していました。

ところが 夜景の稲佐山からホテルへの道は
ナビが全く機能せず真っ暗な道を堂々巡りで、

もしかして、ホテルには辿り着けず
一晩中回ってるのかしら…不安が過ぎる…。

運転する娘の夫君が 又もや 変な方向に行こうとしている。
彼もクタクタみたいだ !何とかせねば…。

「此処を右に曲がって!」

絞り出す様な私の悲鳴に

娘の夫君が 咄嗟にハンドルを切ってくれて
ƪ(˘⌣˘)ʃ 何とかホテルに辿り着きました!

駄目なナビに変わり 私の右脳が役に立った様です 笑)

レストランの予約の時間を 少し過ぎていたので

着替えもせず そのままレストランへなだれ込み

娘の誕生会を無事にお祝い出来たので
ホッとしました。

〜メデタシメデタシ ♪ 〜

しかし 太陽フレアって怖いですね。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

タチアオイの咲く海辺



蒸し暑い梅雨がようやく明け いよいよ夏本番となりました。

暑さに負けず元気に日々を過ごしましょうね!

茨城県天心記念五浦美術館で開催されている
展覧会を観に行く事になりました。

ネットで検索したら、途中に有る大洗のさかな市場の回転寿司が
美味しいらしい〜♪

じゃぁ其処で早めのランチを取ろうか?


でも、日曜日なので遅い朝食を済ませたばかり…。

市場を見学後、お腹を空かせてからが良いよね😊


市場の活気のある光景に、呆気にとられながら進んで行くと、

何やらウニを食べている人集りが有って、

ドレドレ?と覗き込んだら 美味しそう!

直ぐ列に並び、お兄さんに二個注文しました〜〜♪

「此れオマケだよ!」

お兄さんが小さな声でボソッと…ヽ(´▽`)/

エエッ?ウニを四個も大きな発泡スチロールの蓋に
乗っけてくれました 😍

しかし カッコつけやの?家族は
私は関係無いです!な感じでササッと側から離れた…(・・;)


海の男の情けを無下にしては、バチが当たるので
私、4個のウニを平らげました。

もうお腹が一杯!当然!回転寿司はパスする羽目に。

書いていたら、またもやウニが 脳裏に浮かぶので
続きは〜また今度に致します…😓


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

青田を渡る風

20170620fukei2.jpg

アヴァロン水彩紙 F 6号



六月の田んぼは見渡す限りの翡翠色に染まっています。

早苗がお行儀良くキチンと並び
日本人として誇れる原風景。

農家の叔父さんが、田植え機に乗ってノンビリと
畦道を行く光景に出会いました。


早苗を揺らしながら、風がサァーッと追いかけて行きました…。

〜♪〜〜

「凄い電子ピアノが売り出されたの!
本物のピアノの音も夢じゃないわ!ピアノを再開したら?」

娘のスマホにメールをしました。

「知ってる〜♪ でもマンションのスペースがね〜 。」

娘から、そんなノンビリとした 返事が返って来て。

あんなに広いマンションに住んでるのにね〜😓
夫と二人で怪訝顔。


子供達が社会人になり、
私は過去にニ度、趣味のサポート用に電子ピアノを購入したのですが、
自分が想像していた音色とは全く違って直ぐに飽きてしまい
ソッポを向いてしまいました 笑)

カラオケ好きの友人やバンドをやっていた
クリーニングやのお兄さんにお願いしたら、
喜んで貰ってくれました〜(・・;)


最近の電子ピアノは、音の変換機能が格段に向上して、
本物と変わら無い位の音色と鍵盤のタッチであると、
テレビで報じていました。

今度こそ〜大丈夫かも〜笑)

娘は、公立の小中学校に通学していたのですが、
同時期、国立音大の音楽教室で
ピアノやリトミック、そして作曲を
十年間勉強していました。

しかし 中二の時、引っ越しの予定と進学の都合で、
断念させてしまった…。

ピアノのグレード試験では、十年間毎年滑らず合格していたので、
先生は音大の進学を勧めて下さいました。



又、音大小学校の卒業式では、
娘自身が作曲した曲を披露させて頂いたり
ピアノ伴奏を引き受けさせて頂きました。

今思えば、少なからず才能も有ったのでしょう。

しかし、50人程の先生方を目の前にして弾く
ピアノのグレード試験は、
娘にとってはかなりのプレッシャーで、

イエ!私にとっても悪夢の日々でした〜笑)

しかし、毎回逃げずに受験したと言うことは、
強い精神力を培い、
人前で動じ無い人間に成長させてくれたと信じています。

考えてみれば、私たち夫婦のDNAですから、
音楽の才能なんてある訳無いのです〜(・・;)

ピアノは習い事程度で良しとして、
絶対音感が身に付いてくれたら、
将来何かで役立つのかな?その程度でした〜(・・;)


一方の娘は、我が家の経済状態をスッカリお見通しで 〜 笑)
アッサリ!音大は希望しないと言いました…😓


でも、ピアノだけは良いものをと、
当時としては珍しい
外国製で手作りの優しい音色がするピアノを
買い与えたつもりです。


そのピアノも、娘が嫁いだ後は埃を被り、
壊れたハンマーの部品は既に在庫も無くなり、
粗大ゴミ化状態…。


やがてピアノは下取りに、無料で引き取られる運命となり、
外国の子供達が、大切に弾いてくれると信じて引き渡しました。


ですから、ピアノとの因縁は、
我が家ではかなり深いものが有るのです〜笑)

そんなこんなで、近日、ハイブリッドクラス?の電子ピアノを
夫や娘と探しに行くつもりです〜笑)

今度こそ!素晴らしいピアノに出会えれば良いですね〜♪

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

花盛りの茶屋 福島県矢祭町滝川渓谷



アヴァロン水彩紙 F 6号 中目


最終ポイントの茶屋に着きました。

水芭蕉が咲き、山桜や濃いピンク色の桜、
菜の花やレンギョウが咲き乱れ
今時信じられない様な懐かしくも優しい風景…。


どうやら、一年中で一番ベッピンさんな季節に訪れたようです ♪

〜♪〜〜


目的地の茶屋に到着したのはお昼前でしたが、
此処の茶屋で早めの昼食をとることにしました。


地元の女性達が賄っている?
美味しいお蕎麦と野菜の天ぷらを頂きました。

でも食べたかったのは、私、田楽だった〜(・_・;
残念ながら又もや売り切れ〜。

何処の山でも (そんなに行ってはいないけど…)
田楽が人気らしく、売り切れが多い様な気がします。

汗をかくので
塩っ辛い食べ物が欲しくなるのかな?

茶屋の広い庭に、手作りっぽいテーブルや椅子が
無造作に置かれ、
訪れたひと達はお弁当を広げたりお茶を飲んだり、
おもいおもいにひと息入れています。

頑張った自分へのリフレッシュタイムが
穏やかに流れる至福のひと時〜♪

帰り、此処でタクシーを呼び
下のパーキングに戻る人もいるらしいけれど。

勿論!私達は歩いて帰りましたよ〜〜笑)

山道を歩くコツを会得したので 、
帰りは風の様に?駆け下り
一度も転けなかった自分に👏

(アレからもう1ヶ月経ちました。
筆が遅々として進まず今頃のアップです。ごめんなさい🙇♀️)


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード