牡丹



アヴァロン水彩紙 F 6号 中目 300g


牡丹を庭でスケッチ後、
夫から切り花のOKを貰って室内で着色しました。


お花の形状が、どんどん変化して迫って来る感じで、
目眩を覚えます。


前回の絵は、色々な絵の具を使った筈なのに、
出来上がりが単調な仕上がりで凹みました。

「水彩紙が絵の具を全部吸い取る〜〜!」
何んて!画用紙に八つ当たりしてみたり…。

今回は 絵の具の種類を少なくして、
濃淡で深みを出しました。



明日、娘の夫君とゴルフをする夫が、

「明日のゴルフウエアーはどっちが良い?」

白色系とブルー系のシャツを手に持って、
牡丹の絵と格闘中の私に聞いてきました。


「どっちだって、似たようなものじゃない?」
少しムッとしながらシャツを睨んだ。

夫は、キャンバスに立て掛けたピンクの牡丹に
目を見張って、

「決まりだ!明日はピンクだっ!」…ƪ(˘⌣˘)ʃ

ルンルンしながら出て行て行きました〜♪


結果は、落ち目だった
ゴルフのスコアが元に戻ったそうです…。





〜〜♪〜〜



今年も、我が家の庭に牡丹がたくさん咲きました。

赤紫色の牡丹が30輪、白い牡丹が10輪ほどで、
ピンクはたったの2輪だけ。

「清楚なお花は追いやられ
何だか人間の世界に似ているね…」


この刹那を逃すまいと
夫は、カメラを片手に庭に飛び出していきます。


甘い匂いが部屋の中にまで漂い、
気分も華やぎ、庭でお茶をする事にしました。


傍では、「猫メイ」が「ビュンビュン!」と走り回り、
「ニャンコ」だって!キット!嬉しいのね。

「メイ」のオヤツは鰹節…。


そして、私たちのおやつ…。

娘が都心のデパートで買って来た
大福餅を頬張りました。

「ヤッパリ!東京のデパートの大福は美味しいわ!」


その後ランチも庭でやったら、
何時もよりずっと美味しい!

お花や青葉が、眼のご馳走にもなり、
たまには食卓を移動させるのも、
良いものですね 〜♪

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

「ポピー」と「ネモフィラ」を描く。



アヴァロン水彩紙 (20×32)

風景画が続いたので 山梨でスケッチしたのを参考にしながら、
「ネモフィラ」と「ポピー」の花を描いた。

最近購入した、アヴァロン水彩紙の使用は初めてだ。

前回まではセザンヌを使用してみたりと、
イロイロと試している。

少し、小さめのお花の絵を描きたかったので
F 6号を半切りにして描いた。


〜♪〜〜🎶〜〜♪〜〜

今年の春は、天候がとても不安定でしたね。


天気予報と睨めっこしながら、
友人お薦めの「多摩森林科学園」へ
同伴させて頂きました。


高尾駅に着いたら もうお昼近くでしたので、
早めのランチをとることに。


「自然薯蕎麦が美味しい!」
と友人が言っていたのを以前から聞いていたので、

「私も、自然薯蕎麦を食べたいな!」


落ち着いた店内で、
自然薯蕎麦と「タラノ芽」の天ぷらを頂きました。

「コレは美味しい!

まさに旬のこの時期は、身体が欲している気がします。



お腹が大満足した後は、道沿いのお花を愛でながら、
サクラ保存林へと向かいました。

高尾駅から、徒歩10分で森の入り口に到着。

見あげると、山全体がうすいピンク色に染まっていて、
雄大な一幅の風景画を眺める様です。

コースはたくさん有るので、体力によって選べるのも嬉しい。


伝統的な桜以外にも、各地の名木などのクローンをも含め、
1400本もの桜を比較的至近距離で見れます。

開花期の目安を早春、盛春、晩春、秋桜等
多様な桜ラインで栽培しています。

温暖化に伴い、
「染井吉野」が危機に瀕しているのを知りました。

近年、濃いピンク色の河津桜や陽光など、
南国系の桜が多くなって来ているようです。

「地球温暖化の影響がこんな処にも…。」

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

お花見にお相撲さんがやって来た!



今日も 又 朝から生憎の雨。

花見もせずに「此の儘むざむざと、花散らしの雨になってしまうのか?」

そんな意気消沈しているところへ、スマホが鳴った。

「ネェ!今 何処に居ると思う?例の「桜の学園」よ。
でも、人っ子ひとり居ないの…。」

「エエッ?行ってるの!雨降ってるんでしょう?」

桜は 八、九分咲きとの事、
わざわざ電話を下さったご夫婦に感謝した。



毎年 花見に行く この学園の桜は
この辺りでは とても人気度が高い。

旧女学校の面影が残る校庭に立つと
学生時代が蘇り、センチメンタルな感じになるのだった。



学園に着く辺りから 空はスッカリと晴れ渡り
正に花見日和だ!

だが花見客はチラホラと、少し拍子抜けはしたが、
開花したての桜の花をスンスンすれば、
気分が晴れやだった。


「然し 人混みも嫌だけど こうも閑散とした花見も寂しい。」


其処へナント!丁髷を結った お相撲さんが、
二人登場して来たのである!


「ヤヤッ!?若いお相撲さんだ!」


校庭は一気に花見らしくなった !🌸


此の近くに相撲部屋が有るらしく、
考えてみたら 「稀勢の里」の実家も近い筈だ。


「ヤァ〜!君達 今 巡業中じゃ無いのかい?」夫が聞けば

「巡業に行かない人って 割と居ますよ。」

「ヘェ〜!?結構自由なんだね!」

でも、見るからに未だ10代の男子だ。

親元を離れての稽古は、ヤッパリ辛いだろうし、
桜を見ながら、故郷を偲んでいたのだろうか。



思いがけ無いお相撲さんたちとの出会いで
楽しいお花見となった。

「あゝ!一緒に記念写真を撮るんだった!」


「今日の絵」

学園の校庭の正面に、女の子の立像が有って
以前から気になっていて
その彫像を叙情的に描いてみました。


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

スイセンとクリスマスローズ



朝から久しぶりの快晴!


「さてッと!此れから飛行機を撮りに行くぞ〜♪」


朝 すこぶるご機嫌らしく、
夫が庭に咲いたクリスマスローズと水仙を
花瓶に挿しながら言った。

今日は北風 。

どうやら菜の花畑の上空から
着陸態勢に入る飛行機を撮れる絶好の日和らしい。

「ヘェ〜?風向きによって 空路が変更になるんだ♪」

今まで何回か海外旅行をして来た筈なのに
私はそんな事をも知らなかったので
夫の顔をマジマジと眺め?見直した。



けれども 私は同行せず家でお留守番。

「さてと!今日は 自由を満喫しようかな?」

しかし ブログの絵のモチーフが一瞬頭をよぎり
折角なので さっきの花瓶を庭に移動させてみた。


朝の光がモチーフの影をドラマチックに演出して綺麗 ♪

久しぶりの描きたいワクワク感だけど。

しかし 花の形を上手く捉えられず…悪戦苦闘…涙目)


背景を濃く塗り過ぎた。
慌ててウオッシュをかけたが後の祭りだった…。

花数をもっと少なめにしとくんだった!
私は いつだって欲張るんだから〜笑)

日焼け止めを塗り 帽子を被り
マスクや手袋のいでたちで頑張ったのに〜(・_・;

それにしても 私の自由って?
家の中から庭に移動しただけだった気がする 😥

コレって!失敗した八つ当たりかな?〜(*☻-☻*)

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

菜奈乃さんの人形が丸善の「春展」へ。



人形制作をしている ブロガーの菜奈乃さん。
作品の人形が22日より 東京丸善で開催される
春展に出展します。

今回出品する「狼くん」は クールで可愛いお人形さん。

テレビドラマの「お母さん 娘をやめてもいいですか」に
先々週 菜奈乃さんのお人形のアシュラくんが出演しました ♪

残念!私は見過ごしてしまったけれど (^_^;)

興味のある方は 是非「春展」をご覧になって下さいませ。

以上お知らせでした。




〜〜♬〜〜




以前から 雪が降る情景の椿を描きたいと思っていました。



今迄 何度かチャンスがあった筈なのに
画力が伴わず避けていて。

今年は庭の椿が 綺麗に咲き揃い
「今年こそ !」と描く機を伺っていたのです。

2月ごろ 少しだけ雪が降ったのですが
肝心の椿は固い蕾のまんま…。

最近 天気予報が 明日は雪が降ると報じていて
寝る前からソワソワ〜♪

夜中に 強い雨音に目が覚め 雪は絶望的…。

結局 庭の椿だけをデッサン
雪はイメージを膨らませ描きました。

雪国の人々の切ない想いと裏腹で
大変申し訳無く思っております 🙇♀️

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード