水面に映える花菖蒲



アヴァロン水彩紙 F6 300g 中目




前回、書き忘れたのですが「薔薇のハミング」の絵は
ホワイト ワトソン F 4 300gの水彩紙を使用しました。

チョッピリ!クールな感じに仕上がった感じがします〜♪


今回の絵の仕上がりは 柔らかい感じでしょうか…。
水彩紙によって 雰囲気が変わりますね。


〜♪〜〜〜





カメラマニアの夫は 隣街の花菖蒲園へ
既に二度も通い詰めているらしい。

「此処んとこ!どうもピントがズレてるよなぁ〜。」

「ならば!」と再三のチャレンジで私も同行しました。

カメラ機材が重たくて体力が要るので、
先ずは、車で一時間程のトンカツ屋で
パワーの充電をする事にしました。


何時もは、「あーでも無い」「こーでも無い」
「カロリーがどうのこうの 〜」 …etc


今回「アッサリ!」とヘビーなトンカツで決まり!

今日は体力勝負なのです! 笑)

トンカツがサクサクっとして、
お店で食べる方がダンゼン美味しく頂けました。


酸化が怖いので、我が家は少ない油で揚げ
その都度処理をしてしまいます。

少ない油で揚げたトンカツって?
やはり其れなりですわね〜😓


新説では、多めの油で揚げた方がカロリーは低めらしい‼️



さて、本題の花菖蒲のスケッチですが、
どうスケッチして良いものやら…。
結局カメラで撮って家で描きました。


最近、夫は私に写真を見せてくれ無いのです。

以前は 何枚も持って来ては「コレ、見て見て〜!」
マァ!大変騒々しかったのですよ〜笑)

最近静かなのは 、私の的外れな批評にもう!
耐えられ無くなったのでしょうか…笑)


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

薔薇のハミング



季節は巡り早や六月。

旺盛な美しさを競っていたバラもようやく一段落して、
今は遅咲きのバラの出番となっています。

余りグラマラスでは無いけれど、
品格と落ち着きのあるバラも良いものです。

〜♪〜〜〜


最近、ご近所で空き巣の被害に遭われたお宅が数件あり、
急遽回覧板が回って来ました。


今まで、人ごとだと思っていたけれど、
考えてみれば、番犬で頼みの綱だったお隣りのワンコや、
我が家のバロンも既に亡くなってしまいました。

と言うことは、
保健所から配布されていた、「狂犬病予防接種済み」
のステッカーが、今後配布されなくなるのです。

「此の紋所が目に入らぬか!
犬にガブリとやられても知らんよ…。」

…其の紋所が無い…。


私、泥棒の目線で考えて見ました。

戸締りをキチンとする事は勿論だけれど、
我が家は裏木戸が不用心に思えるので、
「カウベル」を門と裏木戸に取り付けました。

開閉の度に 「ガラン!ゴロン?」と鳴るので、
泥棒も嫌に違いありません 笑)

しかし 夜ウオーキングで門を開けようとした家族が
「カウベル」の革紐を引っ張り?

「ギャー❗️」振り払った指が
門塀の鉄柱にぶつかり、
指を捻挫してしまいました〜(;゜0゜)

昨日、お隣の庭で蛇が出没したので
過剰反応気味なのでしょうか?

泥棒も此の手に乗ってくれたら良いけど? (๑˃̵ᴗ˂̵)


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

木蔭に咲く芍薬と都忘れ



牡丹の花が終わった庭は、
何だか淋しげでしたが、芍薬の出番となりました。

朝の光を浴びて咲くお花たちは特に魅力的で、
エネルギーのお裾分けを頂いています。

巷では、既に「芍薬」も終わりを告げているのに、
我が家の花たちはノンビリしているのだわ。



傍に咲く「都忘れ」と一緒に切り花にしました。

「芍薬」のおびただしい花びらと格闘しながら描くひと時は、
とてもスリルが有って、楽しいけれど、
もっと、穏やかな優しい気持ちで描きたかった。


「牡丹」の花と「芍薬」は満開になると、
私は全く区別がつきません。

枝と茎の違いなのかしらん?


〜〜♪〜〜

今日は「山法師」の花が満開のカフェで、
皆んなでランチをしました。


庭の山法師が見える個室を予約したので、
少しくらいかしましくても平気。

心置き無くお喋りが出来ました〜笑)


今、ここに居る皆んなも家族も元気、
だから、今、このひと時が一番幸せなのかも知れない…。

総勢 8名がふた手に分乗し、
私も車を運転したのですが、
カフェに着いたら敢え無くエネルギー切れ、
温順しく聞き役に回りました〜笑)


帰宅後、ブログのタイトルの文字が、
「都忘れ」が「物忘れ」に見えちゃったわ…(−_−;)


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

牡丹



アヴァロン水彩紙 F 6号 中目 300g


牡丹を庭でスケッチ後、
夫から切り花のOKを貰って室内で着色しました。


お花の形状が、どんどん変化して迫って来る感じで、
目眩を覚えます。


前回の絵は、色々な絵の具を使った筈なのに、
出来上がりが単調な仕上がりで凹みました。

「水彩紙が絵の具を全部吸い取る〜〜!」
何んて!画用紙に八つ当たりしてみたり…。

今回は 絵の具の種類を少なくして、
濃淡で深みを出しました。



明日、娘の夫君とゴルフをする夫が、

「明日のゴルフウエアーはどっちが良い?」

白色系とブルー系のシャツを手に持って、
牡丹の絵と格闘中の私に聞いてきました。


「どっちだって、似たようなものじゃない?」
少しムッとしながらシャツを睨んだ。

夫は、キャンバスに立て掛けたピンクの牡丹に
目を見張って、

「決まりだ!明日はピンクだっ!」…ƪ(˘⌣˘)ʃ

ルンルンしながら出て行て行きました〜♪


結果は、落ち目だった
ゴルフのスコアが元に戻ったそうです…。





〜〜♪〜〜



今年も、我が家の庭に牡丹がたくさん咲きました。

赤紫色の牡丹が30輪、白い牡丹が10輪ほどで、
ピンクはたったの2輪だけ。

「清楚なお花は追いやられ
何だか人間の世界に似ているね…」


この刹那を逃すまいと
夫は、カメラを片手に庭に飛び出していきます。


甘い匂いが部屋の中にまで漂い、
気分も華やぎ、庭でお茶をする事にしました。


傍では、「猫メイ」が「ビュンビュン!」と走り回り、
「ニャンコ」だって!キット!嬉しいのね。

「メイ」のオヤツは鰹節…。


そして、私たちのおやつ…。

娘が都心のデパートで買って来た
大福餅を頬張りました。

「ヤッパリ!東京のデパートの大福は美味しいわ!」


その後ランチも庭でやったら、
何時もよりずっと美味しい!

お花や青葉が、眼のご馳走にもなり、
たまには食卓を移動させるのも、
良いものですね 〜♪

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

「ポピー」と「ネモフィラ」を描く。



アヴァロン水彩紙 (20×32)

風景画が続いたので 山梨でスケッチしたのを参考にしながら、
「ネモフィラ」と「ポピー」の花を描いた。

最近購入した、アヴァロン水彩紙の使用は初めてだ。

前回まではセザンヌを使用してみたりと、
イロイロと試している。

少し、小さめのお花の絵を描きたかったので
F 6号を半切りにして描いた。


〜♪〜〜🎶〜〜♪〜〜

今年の春は、天候がとても不安定でしたね。


天気予報と睨めっこしながら、
友人お薦めの「多摩森林科学園」へ
同伴させて頂きました。


高尾駅に着いたら もうお昼近くでしたので、
早めのランチをとることに。


「自然薯蕎麦が美味しい!」
と友人が言っていたのを以前から聞いていたので、

「私も、自然薯蕎麦を食べたいな!」


落ち着いた店内で、
自然薯蕎麦と「タラノ芽」の天ぷらを頂きました。

「コレは美味しい!

まさに旬のこの時期は、身体が欲している気がします。



お腹が大満足した後は、道沿いのお花を愛でながら、
サクラ保存林へと向かいました。

高尾駅から、徒歩10分で森の入り口に到着。

見あげると、山全体がうすいピンク色に染まっていて、
雄大な一幅の風景画を眺める様です。

コースはたくさん有るので、体力によって選べるのも嬉しい。


伝統的な桜以外にも、各地の名木などのクローンをも含め、
1400本もの桜を比較的至近距離で見れます。

開花期の目安を早春、盛春、晩春、秋桜等
多様な桜ラインで栽培しています。

温暖化に伴い、
「染井吉野」が危機に瀕しているのを知りました。

近年、濃いピンク色の河津桜や陽光など、
南国系の桜が多くなって来ているようです。

「地球温暖化の影響がこんな処にも…。」

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード