魚釣りの少年たち 五島列島にて



五島列島のお土産屋さんで塩ソフトクリームを堪能したり
娘はお土産用に特産の塩をたくさん買い込み
夫も身体に優しい塩や綺麗な夕日の絵葉書を買いました。

車に乗ると夫は絵葉書を穴の開くほど見つめ
此の撮影場所をどうしても知りたいらしい!

せっかく五島列島迄来たんだし…。
そんな切ない気持ちに応えるべく

私たちも 絵葉書の場所を探して
コッチか?イヤ!アッチかも? 笑)

半ば躍起になりながら車を進めて行くと
何やら其れらしきスポットが…。


紅い灯台のある海に突き出た防波堤で
少年達が釣りをしています。

娘の夫君に車を止めてもらい 夫はカメラを 片手に
その少年達のいる方に向かいました。

1キロは有るような長い防波堤…(・・;)


嬉しい事に!少年たちは 日に焼けた明るい笑顔で
挨拶をしてくれたのです。


どれどれ?とバケツを覗くと釣りの成果が数匹
此れはどうするの?放しちゃうの?

母ちゃんにやるんだ!

モジモジ言う処が可愛い〜♪


夫は やおら先ほど買った 絵葉書を取り出し
此処は何処から撮影したのか分かる?
何て 矢継ぎ早に質問している。

彼等はとても素直な良い子達で
丁寧に教えてくれたのでした〜♪

勿論!夫は 後で素敵な夕景が撮れたようでした (-。-;


そして 翌日の日曜日の朝は 五島列島ともお別れ…。
船に乗るべく奈良尾港へと向かいました。


島へ来た時は シーンと静まり返っていたのに
どの教会も扉が開け放たれ 温かな空気感が漂い
日曜ミサが行われているようです。

私たちは祈りの島に別れを告げ
長崎港へと向かいました。

20171012shashin.jpg

五島列島の夕日の写真は夫の提供です。
疲れていたのに このスポットに同行してくれた
娘の夫君に感謝します。


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

潮の香りのグラバー園 長崎市



今年の夏の休暇は 娘夫婦と一緒に
九州方面へ旅行しました。

昨年は壱岐へ旅行したので 再びの九州です。

昼前に福岡空港に着きレンタカーで長崎へ。

お目当のランチは 老舗の長崎ちゃんぽんを頂きました。

魚貝から出る 濃厚なスープがゆっくりと喉越しを通ると
長旅の疲れが癒えました。

お腹も満たされ お店の看板爺ちやんに見送られ
お目当のグラバー園へ

道すがら 憧れのオランダ坂をそぞろ歩き〜♪

脚がパンパンに疲れた辺りで グラバー園に着きました。

素敵な木造建築が点在していた中で
建物の二階のバルコニーから見た
長崎港の眺めが素晴らしかったです。

坂の街長崎は すり鉢状の地形なので 独特の景観。


巨大なマンションが海の中に建ってるのかな?
よくもまぁ!こんなビルが海に浮かぶなんて〜🛳!

しかし 目を凝らして良く眺めたら
彼の国の豪華客船でした。

最近は余り良い印象を待たない国だけど
たくさんのお客さんは有難いと思います。

民間レベルでの交流は盛んで
意外にも 遠くて近い国なんだなぁ!


この風景にピッタリの私の娘を描き入れました 。
急に絵がお喋りを始めた気がしました〜♪


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コヒマワリの咲く小径 栃木県日光市



八月に行った日光市「上三依水生植物園 」の絵を
九月の今頃になって描いています (・_・;

園内は色んなエリアに分かれていて
花期のタイミングが合うと珍しい植物が満載で
普段は見られない 高山植物にも会えます。

クリンソウは既に終わっていましたが
池の睡蓮が見頃を迎えていました。

残念ながら「ヒマラヤの青いケシ」には会え無かったけれど
憧れの妖精「コマクサ」を初めて目の前にして有頂天 〜♪

なんとも 可愛らしい花姿 🌸

だけど 余りにも花丈が低過ぎる〜笑)
ギックリ腰を警戒して?スケッチは諦めました(・_・;


コヒマワリの群落が綺麗だったので
此方をラフスケッチしました。

園内でスケッチをした風景画とコヒマワリを
家で構図を考えながら組み合わせましたが
何と無く物足りません…。

小径に何か入れた方が良いかな?

息子に相談したら
間違っても老女だけは描き混むんじゃないよ!

じゃあ!何か良いアイデアあるの…?

ムッとして聞き返した私に 息子は言った

ベビカーの親子連れはどう?


私 急いで描き入れて完了しました! 笑)

ps
私事ですが金曜日から 遅い 暑休みで留守に致しますので
コメントのお返事は月曜日以降になると思います。
皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

初夏の栂池 長野県北安曇郡小谷村



白馬の山々を眺めながら トレッキングしよう!

今頃 たくさんの高山植物が咲いているだろうなぁ〜♪


七月上旬 家族に誘われ中部山岳国立公園にある
初夏の栂池へと向かいました。



ゴンドラやロープウェイを乗り継ぎ
一気に標高1900 mの高層湿原へ。


自然園の中には 木道が整備されているので
気軽に周遊出来ます。


色々な散策コースがあって
私達は 園内一周コース (5.5キロm)を選択しました。

木道を縫う様に雪解け水が勢い良く流れ
油断をすると所々にある残雪に足元をすくわれます。

湿原を囲む様にそびえ立つ荘厳な威容の山々。

山々には未だ雪が残っていて
雪解け水が幾筋もの滝となって山肌を流れていきます。

あの滝に打たれたら 萎えた心が奮い立つかな…。

湿原には 長い冬をじっと耐えた高山植物たちが
逝く夏を惜しんで精一杯咲き乱れ
みんなパッチリとした晴れやかな笑顔。

白いトンガった帽子の水芭蕉の群落


星の子みたいなリュウキンカ

楚々とした純白のキヌガサソウ

楽しそうに風に揺れるチングルマ

深窓の令嬢風でおすましのシラネアオイ

清冽な水と空気が心と身体を清め
無垢な心を取り戻せる私らしい時間。

目も 耳も 心も 手足も飛びっきりの風景に出会えた喜びで
散策後は 心地良い疲れを感じました。

この素晴らしい風景に会わせてくれた家族に
感謝しながら絵を完成させました。


↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

阿武隈の秘境滝川渓谷 福島県矢祭町



山桜の花びらが舞い散る渓谷を描きました。


岩の描き方が、何年描いても難しい。
メリハリのある、カッコいい岩を描きたいのですが…。

花びらと水飛沫はマスキングしました。

「五丁目」の滝付近で、一息いれているご夫婦を
描き入れ画面に変化を出しました。

〜〜♪〜〜


連休に福島県の「滝川渓谷」で、沢登りをする事になりました \(^o^)/

「滝川渓谷」は知る人ぞ知る秘境。


常磐道の「石岡」を過ぎる辺りから綺麗な青空が顔を出し、
常磐道はスイスイと〜〜♪

「滝川渓谷」の下流に有る第一駐車場に着きました。

しかし、家族が行きたかったのは上流の駐車場?

如何して?と理由を聞いたら、
憤まんやり方ない答えが返って来て、

私の体力を考慮して上流から下り、
適当に引き返すコース、らしい…(・_・;

エエッ?バカにしないでよ〜笑)
今日は張り切って!可愛い😍山ガールの格好で来たのよ〜笑)


普段は物静かな私が?珍しくブーイングを唱え、
結局、此の儘、下流から登るコースとなりました。


辛〜いことは?サッサと済ませた方がいいよね 。
それは私の生活信条です (・_・;


風評被害とやらで、普段徴収される環境整備費は無料…。


案内小屋の叔父さんに別れを告げいざ出発です。

山道はドンドン険しくなり、一抹の不安がよぎります。

「黒部渓谷」もどきの足の竦むようなポイントや、
「奥入瀬渓流」みたいな美しい渓谷。

木の橋は体重制限が有りまして〜笑)

「もののけ姫」が出て来そうな苔け蒸した奇岩や巨木。


滝の数は48も有ります !


鎖に捕まったり蔓に掴まりながら喘ぎ喘ぎ〜
此れが秘境と言うものか〜〜💧

オイオイ!スピードが早過ぎやしない?
なんて!文句を言いながら〜笑)


ポイント毎に「一丁目」「二丁目」の立て札が有って、
励みになります。


今思えば、足のすくむ様な、
地獄の「一丁目」みたいな怖さもありました〜笑)

「カタクリ」の花の可憐な姿に癒され、
「乾杯の滝」では ビールで乾杯する自分を想像 🍻

この日迂闊にも、水を全く持たずに登った事を後悔しまして…(−_−;)

飲料用の湧き水が甘露でしたわ〜♪

風評被害が未だ続いているせいか人影も疎らで、
この素晴らしい風景を独り占めするのが、
とても勿体無いと思いました。


〜次回へ続きます〜♪

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
ブログ村
RSSフィード