FC2ブログ

ビオトープ的な睡蓮と金魚を描く



最近 ビオトープに関心を持った息子が
一抱えも有る大きな睡蓮鉢を庭に設えたのだ。


睡蓮鉢は 庭の 花木の「ハクモクレン」と「ハナミズキ」の緑陰の下に置かれ
炎暑の中 其処だけが別世界のように涼しげな佇まいに見える。


鉢底に赤玉土を入れ 水草や睡蓮
数個のタニシと小さなエビを数匹 そしてメダカを十匹放流しての
本格的なビオトープ。


日が経っても水が澄みきって綺麗なのは
ビオトープ効果なのだが

此の猛暑だ!
果たしてメダカは無事生き延びられるのか?


そんな心配も他所に メダカは気持ち良さげに
濃い緑の水草の中をスイスイと泳ぎ回り
「メダカの学校は〜 ♪」なんて思わず口ずさんでしまう。



「ヤヤッ!メダカの数がドンドン減っているみたいだ!」
ある日息子が悲鳴を上げた。


「エエッ? もしかしてメイちゃんが食べちゃったのかしら?」
私の胸を一抹の不安が過ぎる。
飼い猫のメイが そんな悪さをする筈が無いし…。



もしかして カエル? イエ!ヤゴかも?
メダカの外敵はイッパイ居そうだ。

疑心暗鬼の日々が過ぎ とっとう10匹いたメダカが
たったの3匹になってしまった。

「犯人は同居のタニシか?
あのノロマのタニシがメダカをキャッチ出来るのかねぇ!」

田んぼに コロコロたむろする
真っ黒なタニシを思い浮かべながら 暗然とした。

我が家のタニシは お店から買ってきた由緒正しい?タニシだけれどね…。


しかし 私の心配も他所に 数日後犯人はアッサリと割れた。

鉢の外に飛び出して横たわるメダカを
息子が発見したのだった。

ホースで庭の花に水やりをしている夫が
暑いだろうと ついでに睡蓮鉢にホースで水を足していたのだ。

メダカにしてみたら
ダムの放水並みの水圧だったのだろう…(~_~;)

世の中 親切心が仇となってしまう事もあるのだ
ビオトープの知識不足を家族で反省した出来事でした。

それにしても 生き残った三匹のメダカは
丸々と肥えて此の猛暑の中元気に泳ぎ回って居る (^-^;
スポンサーサイト

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

中禅寺湖のカヌー遊び



半月山から 九輪草の咲く中禅寺湖の浄土平へ行く道すがら
子供達が カヌーを漕いでいるのを見かけました。

大人に見守られ冒険家気分の子供達の輝く笑顔。

彼等が大人になっても 懐かしくて思い出すだろうな。

カヌーはコツを覚えれば 経験の無い私でも乗れそうだし
洪水で避難の時にも活躍しそうに思える。


ライフジャケットとカヌーさえあれば
川が氾濫しても 命は辛うじて助かるかも知れない…。

イエ!私の場合はライフジャケットを持参して
早めに 避難所に逃げるのが良いですよね。


「彼方方向に 子グマが居ますよ!」
バスの運転手の声に 車内は一瞬凍りついた。

目を凝らすと 確かに子グマだ!
乗客たちは 我も我もとカメラを構えたり ガヤガヤと
和やかな雰囲気に変わった。

「昨年 此の場所で見かけた時よりも
一回り大きくなっていますね。」

バスの運転手の顔は 私の席からは見えなかったけれど
子グマの成長を見守る優しい声音に思えた。

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

桃と花瓶の花を描く



暑中お見舞い申し上げます。


西日本集中豪雨の目を疑うばかりの凄まじいニュースの映像に
ショックの余りブログを放り出してしまいました。

三年前 私の住んでいる近隣の街を大洪水が襲いました。

あの時 何時自分が被災者になってもおかしくない
そんな状況が今回の災害とオーバラップして
心の持ち用が不安定となってしまった様です。

おまけに 今まで元気だけが取り柄だった
私の身体の変調…そして思い掛けない転倒による医者通い…^^;




私が ブログをお休みしている間にも
ブログを訪問して下さった皆様ありがとうございます!

何時迄もめげてばかりもいられ無いですね。

これからは 無理をせず 少しづつ 絵筆を持とうと思います。

このモチーフの桃は
先日 娘夫婦が山梨へ旅行をした際
宿泊したホテルで買ったお土産の桃を描きました。


娘が学生の頃 親子で交代で運転をしながら
二人で山梨へ旅をしました。

あの時宿泊したホテルに 今回も宿泊したそうな…。

丘の上のそのホテルは 眼下に桃畑が広がり
夜は星空が眺められて とっても素敵なホテル。

此の桃みたいに?
今よりもずっと若くて 楽しかったあの頃! (-。-;
もう戻っては来ない夏の思い出。

そんな事を想いながら描きました。

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

朝の光の中で



都合により当分の間ブログをお休みします。
再開しましたら どうぞ宜しくお願い致します。

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

夏の男体山 と中禅寺湖 栃木県 日光市



久しぶりに日光方面へドライブしました。


先ずは お気に入りの半月山の頂上へ向かい
穏やかな山容の男体山
眼下に広がる中禅寺湖を望みながら 美味しく深呼吸〜♪

湖畔に祀られている二荒山神社は 男体山の別称です。


近寄りがたい感じの二荒山の呼び方に比べ
男体山は 何となく親しみが湧きます。

我が茨城県の筑波山は
男体山と女体山が仲良く並んでいますが

日光の男体山は ポツンと有るし独身なのかな?

深田久弥の本によれば
男体山の近くには女峰山があって

男体山と女峰山の間には
大真名子山や小真名子山そして太郎山が存在して
立派な大家族を形成しています。

そうだったんだ!急に親近感が湧いて
登りたくなった〜\(^^)/


しかし 昨年男体山に登山した息子曰く
穏やかな山容から程遠い
ひたすら登るだけの険しい山だった…と (-。-;

おまけに 頂上は ガスで 真っ白!
下界も見えなかったし…(-。-;

ヤッパリ! 私 苦労せず 眺めるだけで良いかな (^^;;

↓↓ よろしければ、応援のクリックをお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
プロフィール

優

Author:優
水彩画を始めたあの頃の ワクワク感を忘れず
私らしい絵のスタイルを求め
日々挑戦したいと思います
過去の刺繍の作品も掲載しております

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク